ダメージレスな髪

ダメージケア

ひどく傷んだ髪にいいシャンプー!マイナーだけど高補修力です

更新日:

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・

市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか?

ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選してご紹介します。

本当に効果があるダメージケアシャンプー3選

マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを集めてみました。

効果が高いシャンプーばかりなので、決してコスパは低くないと思います。

守り髪

守り髪
高い補修力と即効性があるシャンプー、トリートメントです。
キューティクルを補修する成分(CMC)と髪の内部を補修する成分(PPT)が含まれています。
アミノ酸系洗浄成分なので低刺激、かつ植物由来の泡立ちの良い成分を使っているのでしっかり洗えるのが特徴。
しっとりまとまり、ツヤのある髪に仕上がります。

公式サイトはこちら
>>美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

アンククロス

アンククロス
有名モデルも御用達のサロン、「アンク・クロス」がプロデュースしているシャンプー。
成分にもごだわって作られています。
セラミドや、ペリセア、リピジュアなどのCMCによって、徹底的に髪を補修してくれます。
香りは9種類も用意されているので、好みのものを選ぶことができます。

公式サイトはこちら
>>アンククロスオリジナルシャンプー

ラスティークディープセラムシャンプー

ラスティークシャンプー
ベタイン系、アミノ酸系の低刺激な洗浄成分。
補修、保湿成分もしっかりしていて、髪の内部のダメージケア、キューティクルの補修、美容成分による保湿ができます。
ツヤツヤでハリのある美しい髪に仕上げることができるシャンプーです。

公式サイトはこちら
>>ラスティークディープセラムシャンプー

 
中でもオススメなのが、美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』です。

なぜこのシャンプーが、傷んでしまった髪にいいのでしょうか?

「守り髪」が傷んだ髪にいい理由

守り髪の特徴は次の3つ。

  • 髪の内側の補修
  • キューティクルの補修
  • 熱で髪を補修

順番に見ていきましょう。

髪の内側の補修

傷んだ髪

傷んだ髪は、髪の内側からたんぱく質が流れ出てスカスカの弱い髪になっています。

主に、カラーやパーマでこのような状態になります。

たんぱく質が失われてできたのが、ダメージホールと呼ばれる穴です。

髪を補修するためには、この穴に補修成分を補ってあげる必要があります。

ダメージホールを補修する成分はPPTと呼ばれています。

守り髪にはこのPPTが3種類使われています。

  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク
  • 加水分解コラーゲン

です。

それぞれ特徴が違って、髪を強くさせる、なめらかにする、潤いを保つといった効果があって、髪質改善にとてもバランスが取れているんです。

キューティクルの補修

キューティクルが剥がれていると、いくらPPTを補ってもまた流れ出てしまいます。

キューティクルの補修は、髪の内側に水分を貯めておくためにも重要なんです。

キューティクルを補修する成分はCMCと呼ばれています。

守り髪には4種類使われています。

  • セラミド2
  • セラミド3
  • セラミド6Ⅱ
  • ペリセア

です。

セラミドは髪の内側には浸透しにくいので、髪の表面で補修、保湿を行います。

ペリセアは、表示名はジラウロイルグルタミン酸リシンNaと書かれていて、内部にまで浸透して補修する、かなり効果が高い成分です。

また、クオタニウム-33は、キューティクルの外側にある18-MEAという成分を補います。
18-MEAは、髪の潤い、ツヤを出すために大切な成分です。

このように、髪の内と外の両方からキューティクルを補修しているんです。

熱で髪を補修

傷んだ髪には熱のダメージも気になるところ。

ですが、守り髪には熱に反応して髪を補修する成分が使われています。

それが、メドフォーム-δ-ラクトンです。

ドライヤーで乾かしていると、だんだん髪がサラサラになってくる成分なんです。

もちろん、コテなどで高すぎる温度を髪に与えるとダメですが、60℃程度の熱であれば反応して補修してくれるんです。

その他のメリット

保湿効果

今では一般的になったアルガンオイルに早くから注目し、取り入れています。
アルガンオイルは、高い抗酸化作用と保湿効果がある天然のオイルです。
髪にツヤを出す効果もあります。

さらに、ヒアルロン酸によるヒアルロベールによって、水分が外に逃げ出さないように閉じ込めて、髪の保湿効果をアップさせています。

これらによって、傷んでパサパサになってしまった髪を改善することができるのです。

高級感のある香り

こだわりを持って作られたシャンプーは、香にまでこだわって作られています。

守り髪は、アンティークローズの香り。
シャンプーした後も、ほのかに癒される香が残ります。

「守り髪」のデメリット

どんないいシャンプーでも、デメリットのないシャンプーはありません。
それは守り髪も同様です。

守り髪は、補修効果が高いために、硬くて多い髪質だと、髪がゴワゴワになってしまう場合があります。

その場合は、シャンプーだけを使って、トリートメントは洗い流さないトリートメントにするといいでしょう。
洗い流さないトリートメントならスタイリング剤の効果もあるので、しっとりまとまりやすくすることができます。

参考:おすすめの洗い流さないトリートメント3つを厳選

「守り髪」をオススメできる人、できない人

こんな方にはおすすめできない

  • シャンプーにお金をかけたくない
  • ローズの香りが苦手
  • 髪がそれほど傷んでいない
  • エアリーなくせ毛風のスタイルにしたい

こんな方にオススメ!

  • 髪がひどく傷んでしまっている
  • できれば髪を切りたくない
  • パサパサでまとまらない
  • 猫っ毛でボリュームが無い
  • ツヤのある髪にしたい

美容室で高価なトリートメントを一回するよりも、補修効果の高いシャンプー、トリートメントを毎日使う方がコスパが高いでしょう。
30日間返金保証もありますので、一度お試しで使ってみてもいいのではないでしょうか。

■公式ページでチェック
>>美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

 

傷んだ髪に良くないシャンプー

傷んだ髪に効果が期待できないシャンプーとは、皮膜成分でコーティングして指通りを良くするだけのシャンプーです。

こういったシャンプーは、髪の外側に膜を作ってコーティングしているだけで、髪の内側を補修する効果はほとんどありません。
ひどく傷んでしまった髪は、髪の内側の水分やたんぱく質が失われてしまっているので、内側を補修しなければ改善しないのです。

しかし、髪の内側にしっかり浸透して補修する成分というのは、材料費が高いため、スーパーやドラッグストアで売られている低価格なシャンプーには使われていないのです。

外からのダメージから髪を守るためにコーティングは必要ですが、それだけでは髪質は改善しないのです。

では、サロン専売のシャンプーはどうでしょうか?

シャンプーのこだわっている方の中には、美容室で使われているようなサロン専売シャンプーを使っている方も多いと思います。
美容室で使っているので良いシャンプーだと思われているかもしれませんが、実は意外な落とし穴があります。

サロン専売シャンプーも意外とダメなものが多い!?

美容室で使われている、サロン専売シャンプーはどうでしょうか?

実は低価格帯のシャンプーに使わている、硫酸系の洗浄成分が使われているものが少なくありません。

硫酸系シャンプー

美容室で使われるので、整髪料でベタベタの髪でもしっかり洗えないとカットしにくいからと言われています。
パーマやカラーの後にしっかり洗えるようにというのもあるかもしれません。

サロン専売だから大丈夫だと思い込むのは危険!
ものすごくコスパが悪いシャンプーかもしれませんよ。
購入を検討する際は、パッケージ裏の成分一覧をチェックしてみてくださいね。

傷んだ髪にいいシャンプーの選び方

それでは、傷んだ髪にいいシャンプーの選び方をまとめてみます。

髪の内側を補修できる

成分一覧をチェックして、加水分解〇〇という成分が配合されていれば、髪の内部に浸透して補修してくれる成分だということが分かります。

キューティクルを補修できる

キューティクルを補修する成分として良く使われるものは、

  • セラミド
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • ポリクオタニウム―51
  • ポリクオタニウム―52
  • ポリクオタニウム―61
  • ポリクオタニウム―64
  • ポリクオタニウム―65

などです。

はじめにご紹介した3つのシャンプーには、こういった成分がしっかり配合されています。

シャンプー選びの参考にしてみてください。

>>もう一度3つのシャンプーをチェックする

 

傷んだ髪に起こる悪い影響

髪が傷んでいると、どんなことが起こるのでしょうか?
一覧にまとめてみました。

クリックで詳細ページへ移動できます。

髪が傷む原因

髪が傷む原因をまとめてみました。

クリックで詳細ページへ移動できます。

ダメージケアの方法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

人気の記事

ダメージレスな髪 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

パサつき 3

パサついた髪を本当に対策するのは難しいものです。 市販のしっとり系のシャンプーはほとんど、パサつき感をごまかしているだけで、本当に潤いを与えているわけではないからです。 そこでここでは、 パサつくシャ ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-ダメージケア
-, , ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2019 All Rights Reserved.