本当にいいシャンプーの見つけ方

肌荒れの原因になるシャンプーの成分と肌荒れしないシャンプー

 

敏感肌やアトピーだと、シャンプーで顔や首に肌荒れの症状が出ることがあります。
原因は、シャンプーの洗浄成分です。

 

強すぎる洗浄成分のシャンプーを使うことで、肌荒れが起こりやすくなるのです。

 

 

1.肌荒れの原因になるシャンプーの成分

シャンプーによる肌荒れの原因は、強い洗浄力で肌が乾燥してしまうこと。
肌を守る皮脂が不足することで、外部からの刺激に弱くなっているのです。

 

そのため、かゆみや炎症が起こりやすくなります。
かゆくなった部分を引っ掻いて傷つけてしまうと、さらに肌のバリア機能が低下して悪化してしまいます。

 

ドラッグストアやスーパーなどでお手頃な価格で手に入れることのできるシャンプーは、洗浄力の強い成分が使用されていることが多くあります。

 

洗浄力の強い成分とは

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム

 

などの石油系界面活性剤です。

 

これらの強い洗浄成分は頭皮の皮脂はもちろん、シャンプーの間に顔に流れてしまえば顔の皮脂まで必要以上に奪い去ってしまいます。
皮脂がすっかり洗い流されてしまうと、肌のバリア機能まで失われてしまい、肌荒れや乾燥を招きやすくなるので避けた方が安心です。

 

また、香料やパラベンなども肌荒れを引き起こす原因になる可能性があるので、チェックしておきたい成分といえます。
シャンプーを購入する際は、ブランドや価格だけでなく、成分もチェックしてみることが大切です。

 

2.肌荒れを改善するにはアミノ酸シャンプー

肌荒れを改善するためにおすすめしたいのがアミノ酸シャンプーです。
これは、アミノ酸系の洗浄成分を使用したもので、低刺激で肌に優しく、保湿力も高いという特徴があります。

 

成分表示をチェックしてみましょう。

 

【アミノ酸系洗浄成分】

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルグルタミン酸Na

 

どんなシャンプーがあるかは、以下のページでチェックしてみてください。
>>アミノ酸シャンプーの効果とは?おすすめのシャンプーもご紹介

 

 

アミノ酸系と並んで低刺激なのが、ベタイン系の洗浄成分です。

 

【ベタイン系洗浄成分】

  • ラウリルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウミドプロピルベタイン

 

ベタイン系はかなり洗浄力がかなり弱いため、刺激緩和のために使われることが多い成分です。

 

アミノ酸やベタイン系のシャンプーは、低刺激ですが、きっちり洗えずべたつきが気になるという女性も少なくありません。
ですが、シャンプーのやり方や、洗浄力をきちんと調整したシャンプーを選ぶことで、低刺激でもべたつかずしっかり洗うことができます。

 

詳しい方法やシャンプーの選び方は以下のページをご覧ください。
>>簡単!アミノ酸シャンプーの泡立ちを良くするマル得テクニック

 

 

3.オーガニックシャンプーもGOOD!

肌荒れの改善を考えるならオーガニックシャンプーもおすすめできます。
オーガニックシャンプーとは、有機栽培で作った植物を使用し、添加物を使わずに作られたシャンプーのことです。

 

洗浄成分も天然なので低刺激で、肌荒れが起こりにくいといわれています。
自然派思考の人や、肌への優しさを重視したい人向きといえるでしょう。

 

オーガニックシャンプーといっても、今のところ日本では規制が決まっていないため、有機植物をわずかに配合したものでもオーガニックシャンプーとして販売できます。
そこでチェックしたいのが洗浄成分や添加物です。
注意したい添加物が含まれていないか確認してみてください。

 

参考:経皮毒のない安全なオーガニックシャンプーってあるの?

 

オーガニックシャンプーというと、海外製のものが注目されていますが、日本人の肌には合わない場合もあります。
選ぶなら、日本人向けに作られた国産のシャンプーの方が安心です。

 

>>一番いい国産のオーガニックシャンプーはコレ!