本当にいいシャンプーの見つけ方

シャンプーの作り方

 

シャンプーについていろいろ調べているうちに、市販されているシャンプーでは満足できなくなったという人も少なくないのではないでしょうか。

 

シャンプーは自分で手作りすることも可能です。

 

自分で作るシャンプーのレシピをお伝えします。

 

 

1.手作りシャンプーはとても安心・安全

市販されているシャンプーは化学的な成分が入っている場合が多く、そのうちのいくつかは人体に悪い影響があるといわれています。

 

またそのような危険な成分を含まない自然派のシャンプーは値段が高くてなかなか継続して購入できないと悩む人もいるでしょう。

 

それなら手作りシャンプーに挑戦してみましょう。

 

手作りシャンプーは

 

  • ハーブ
  • 重曹
  • 小麦粉

 

などを使う安心して使えるシャンプーです。

 

また炭酸を使って頭皮をきれいに洗うこともできます。

 

なにより家庭にある材料ですぐに作ることができるという点と、入っている成分を全て自分で把握しているため、成分について不安を感じずに使うことができます。

 

また食品を使うことから肌への刺激も少なく、間違って目に入ってしまったときや、子供やペットが触れたときも安心です。

 

自分で作らなくてはいけないという手間がかかりますが、材料費がほとんどかからないことが多くリーズナブルです。

 

手作りシャンプーにはいろいろなレシピがありますので、ひとつずつ自分にあうのはどんなシャンプーなのかを試してみましょう。

 

2.とっても簡単、混ぜるだけの手作りシャンプー

 

塩シャンプーの作り方

誰でもすぐに作って使い始めることができるとても簡単な手作りシャンプーは塩シャンプーです。

 

作り方はとても簡単で、洗面器にお湯を張って塩を大さじ1杯ほど溶かすだけです。

 

塩は塩化ナトリウムですが、塩化ナトリウムはたんぱく質を分解する力があります。

 

私達の身体はたんぱく質で作られており、身体から出る垢もたんぱく質です。

 

塩を溶いたお湯で地肌をマッサージすることで、頭皮の余分な垢を洗い流すことができるのです。

 

このときに使う塩は粗塩など、できるだけ自然に近い塩を使用したほうが汚れを落とす効果が高くすっきりします。

 

重曹シャンプーの作り方

重曹も油汚れに強い掃除アイテムとしてナチュラル派から人気が高い、安くて安全な日用品です。

 

重曹シャンプーも塩シャンプーのように簡単に作ることができます。

 

洗面器にお湯を張り、その中に重曹を大さじ1杯ほど溶かします。

 

重曹が溶けた水に髪と地肌を浸すようにしてマッサージすると余分な油分を重曹が吸い取ってくれます。

 

重曹はドラッグストアで300円ほどで購入できます。

 

クレンザーがわりとして掃除に使うことができるので、常備しておくと便利です。

 

また重曹を溶かした水にハーブを漬け込んで保存すると、ハーブの香りがする重曹シャンプー水になります。

 

3.少し手間をかける手作りシャンプー

今度は混ぜるだけではなく、少し手間をかけた手作りシャンプーのレシピをお伝えします。

 

小麦粉シャンプーの作り方

作り方は簡単で、料理用の小麦粉をお湯で溶き小麦粉液にして、その小麦粉液を頭にかけて地肌をマッサージするように洗うという方法です。

 

小麦粉は油分を吸い取る作用があるため、頭皮がベタついて油っぽく感じるときなどにおすすめです。

 

小麦粉をお湯で溶くときは、鍋に水を入れて中火で温め、小麦粉を少しずつ加えていきます。

 

強火にして沸騰させると小麦粉がダマになってしまうので注意しましょう。

 

液体が全体的に白くなれば完成です。

 

完成した小麦粉シャンプー液は冷蔵庫に入れれば1週間ほど保存することが可能です。

 

炭酸シャンプーの作り方

炭酸は重曹とクエン酸を混ぜることで発生させることができます。

 

重曹シャンプーでも汚れが落ちるのですが、クエン酸と混ぜて炭酸にすることで、より洗浄力がアップするのです。

 

洗面器にお湯を張り、重曹とクエン酸をそれぞれ大さじ1ずつ投入すると、洗面器のお湯がブクブクとしてきます。

 

このブクブクは時間が経つと消えてしまうので、すぐに頭を浸して地肌をマッサージしましょう。

 

重曹シャンプーではスッキリしなかったという人におすすめです。

 

最後にハーブを浸けこんだクエン酸水をリンスとして使うと髪がきしまずにハーブの良い香りを楽しむことができます。

 

どの方法も難しくないので、ぜひ手作りシャンプーに挑戦してみて下さい。