本当にいいシャンプーの見つけ方

ノンシリコンにしたらきしみがひどい!きしまないシャンプーの選び方

 

髪がきしむ

シャンプーを変えたら髪がきしむ!
そんな経験ありませんか?

 

きしみがひどくなったという声が多いシャンプーは次の4種類。

 

  • ノンシリコンシャンプー
  • 硫酸系シャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • オーガニックシャンプー

 

です。

 

ここでは、それぞれのシャンプーのきしみの原因と、きしまない、おすすめのシャンプーもご紹介します。

 

 

1.シャンプーで髪がきしむ理由

シャンプーで髪のきしみが出るシャンプーときしまないシャンプーがあるのは、洗浄力の違いが大きな理由です。

 

きしむ髪と、きしまない髪は下の図のような違いがあります。

 

きしむ髪きしまない髪

 

洗浄力が強いシャンプーは、

 

  • 髪に必要な適度な皮脂まで洗い流してしまう
  • キューティクルをめくれ上がらせてしまう

 

という2つの問題があります。

 

髪に適度な皮脂が残っていれば、髪は天然の油分でコーティングされて指通りが良くなりますが、洗い流されてしまえば摩擦が大きくなりきしみやすくなります。

 

またキューティクルが整っていれば、髪の毛の表面がツルツルになっているのできしまないのですが、キューティクルがはがれた状態だと指通りが悪く、きしみやすくなります。

 

それでは、シャンプーのタイプ別にきしむ原因を詳しく見ていきましょう。

 

1-1.ノンシリコンシャンプー

今では一般的になってきたノンシリコンシャンプーですが、使うときしむと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

シリコンは髪をコーティングして指通りを良くする役割があったので、それがなくなると指通りが悪くなってきしみを感じるようになります。

 

実は、健康な髪であればノンシリコンシャンプーでもきしむことはありません。

 

ノンシリコンシャンプーにして髪がきしむ理由は、シリコンでごまかしていた髪のダメージがごまかせなくなってしまったためです。

 

シリコンで髪の毛の表面をコーティングしていたのに、それがなくなった途端にきしみが現れるということです。

 

ちなみに、CMでよく見るノンシリコンシャンプーでも、画面の下の方に小さく「ノンシリコンはシャンプーだけ」と書かれていたりします。

 

つまり、セットで売られているコンディショナーにはシリコンが使われているのです。
そうしないと、きしみすぎて、とても使ってもらえないというわけです。

 

1-2.硫酸系シャンプー

硫酸系シャンプー

硫酸系シャンプー(高級アルコール系シャンプー)とは、ドラッグストアで売られている低価格帯のシャンプーの多くやサロン系シャンプーなどでも当てはまるものがあります。

 

硫酸系シャンプーとは、ラウレス硫酸Naなどの成分で、水分や油分と馴染みやすい性質があり、泡立ちや手触りもとても良く、洗浄力がとても高いシャンプーです。

 

ですが、洗浄力が強すぎるので頭皮や髪に必要な皮脂まで余計に洗い流してしまいます。


 

皮脂が少ない状態だと、髪のすべりが悪くなって、きしみが出るのです。

 

また、強すぎる洗浄力はキューティクルのはがれの原因にもなります。

 

キューティクルがはがれると、手触りが悪くなり、きしみやすくなるだけでなく、髪どうしが引っかかったり、絡まりやすくなったりもします。

 

参考:髪が絡まる原因とサラサラ髪になるシャンプーの選び方

 

1-3.石鹸シャンプー

せっけん

 

石鹸シャンプーも硫酸系シャンプーと同じくらい洗浄力が強いシャンプーです。
そのため、同じように皮脂が必要以上になくなりきしみが感じられるようになります。

 

また、石鹸シャンプーはアルカリ性です。
本来、髪は弱酸性の状態が良いのですが、アルカリ性になってしまうとキューティクルが開いてしまいます。

 

キューティクルが開いた状態ではダメージを受けてキューティクルがはがれやすくなってしまいます。
これも、石鹸シャンプーがきしみやすい理由です。

 

1-4.オーガニックシャンプー

アミノ酸シャンプー

オーガニックシャンプーに変えた方も「髪がきしむ」と訴える方が少なくありません。

 

オーガニックシャンプーもノンシリコンなので、それも一つの原因です。

 

もう一つは、オーガニックシャンプーが日本人の髪に合っていないものが多いこと。

 

オーガニックシャンプーと言えばジョンマスターオーガニックに代表されるように、外国産のものが多いですよね。

 

やはり日本人には日本人に合った国産のオーガニックシャンプーがオススメ。


 

本当にいい日本製のオーガニックシャンプーはそれほど多くはありませんが、きしまないオーガニックシャンプーもいくつかありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

 

>>一番いい国産のオーガニックシャンプーはコレ!

 

 

キューティクルが整っている、ダメージのない髪であれば、きしみますが我慢できますし、髪にもいいと思います。
ですが、少しダメージがあるようなら、きしんで指通りが悪く、我慢できなくなる女性が少なくありません。

 

それでは、きしまないシャンプーとは、一体どういったシャンプーなのでしょうか?

 

2.きしまないシャンプー3選

きしまないシャンプーの条件は次の3つです。

 

  • アミノ酸系シャンプー
  • キューティクルの補修効果がある
  • 天然のオイルに指通り改善

 

アミノ酸系シャンプーとは、髪と頭皮に優しい、適度な洗浄成分を持ったシャンプーです。
必要な皮脂を残すことができます。

 

それでは、これらの条件を満たすきしまないシャンプーの中でも、特におすすめのシャンプーを3つご紹介します。

守り髪シャンプー

守り髪

高い補修力があるアミノ酸系シャンプー。

キューティクルを補修する成分(CMC)と髪の内部を補修する成分(PPT)が含まれています。
ツヤを出して指通りを良くする、天然のアルガンオイルが配合されているのもポイント。
しっとりまとまり、ツヤのある髪に仕上がります。

 

公式サイトはこちら
>>美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

 

ハーブガーデン

ハーブガーデン

天然由来成分100%のオーガニックシャンプー

アミノ酸系洗浄成分で、髪と地肌を低刺激で洗い上げてくれます。
7つのオーガニックハーブ成分が、地肌を保湿、抗菌してくれ、頭皮環境を整えてくれます。
オーガニックなのにきしまず、泡立ちが良いのも特徴です。

 

公式サイトはこちら
>>100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】

 

アンク・クロスシャンプー

アンク・クロス

有名モデルも御用達のサロン、「アンク・クロス」がプロデュースしているシャンプー。

成分にもごだわって作られています。
セラミドや、ペリセア、リピジュアなどのCMCによって、徹底的に髪を補修してくれます。
香りは9種類も用意されているので、好みのものを選ぶことができます。

 

公式サイトはこちら
>>アンククロスオリジナルシャンプー

 

3.一番おすすめは「守り髪」

ご紹介した3つの中で一番おすすめなのが守り髪です。

 

どうして守り髪がおすすめできるのでしょうか?

 

1.アミノ酸系なのにしっかり洗える

守り髪はアミノ酸系洗浄成分で低刺激なので、必要な皮脂まで洗い流すことがありません。

 

必要な皮脂が残るので、髪にうるおいが残ってきしみません。

 

でも、「アミノ酸系だと泡立ちが悪く、しっかり洗えないのでは?」
そう思っている方はいらっしゃいませんか?

 

確かに、アミノ酸系シャンプーの中にはそういったシャンプーが少なくありません。
しかし、守り髪は、低刺激ながら、しっかり洗えるように調整されているので、泡立ちが良く、しっかり頭皮まで洗えるのが特徴です。

 

2.キューティクルをしっかり補修

2つ目の特徴として、キューティクルを補修する成分、CMCが配合されていること。

 

CMCはめくれ上がったキューティクルを整える効果がある成分です。

 

これにより、髪の表面がキレイに整い、指通りの良いなめらかな髪に仕上がります。

 

3.天然レアオイルによるコーティング

3つ目はアルガンオイルが配合されていること。
天然のレアオイルで指通りを改善して、保湿効果もあります。

 

髪の表面をコーティングしてくれるので、ノンシリコンなのにきしみません。

 

 

守り髪は、髪の補修力も高いため、ダメージケアにも使えます。

 

公式ページから、初回は半額で購入でき、返金保証もついていますので、きしまないノンシリコンシャンプーをお探しなら、一度試してみてはいかがでしょうか?