本当にいいシャンプーの見つけ方

パサつく髪におすすめ!しっとりまとまる保湿シャンプー

 

髪がパサパサ

パサついた髪は広がりやすかったり、ツヤが出なかったりしませんか?
どんなシャンプーを使えばしっとり、まとまる髪になれるのか知りたいですよね。

 

そこでここでは、

 

  • パサつくシャンプーと髪が潤うシャンプーの違い
  • パサつきを改善するシャンプーの選び方
  • パサつく髪にいいオススメのシャンプー

 

・・・などについてご紹介していきます。


 

 

1.髪が潤うシャンプーとパサつくシャンプーの違い

髪が潤うシャンプーとパサつくシャンプーの違いは次の2つです。

 

  • 洗浄力の強さ
  • 髪を保湿することができる
  • キューティクルを補修できる

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

1−1.洗浄力の強さ

髪を乾燥させてしまう大きな原因のひとつがシャンプーの「洗浄力」です。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーは、必要以上に髪や頭皮の皮脂を洗い落としてしまいます。
これがパサつきの原因になるのです。

 

皮脂はしっかり落とした方がいいと思われがちですが、実は適度に残っている状態がベストなのです。
適度な皮脂は髪の毛の表面をコーティングし、髪を乾燥から守ってくれるのです。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーの見分け方は、この成分が使われているかどうかです。
それは、

 

「硫酸系洗浄成分」

 

パッケージの裏の成分一覧に、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」と書かれているものがそうです。

 

サロン専売シャンプーの成分

硫酸系洗浄成分は、洗浄力がすごく高いので、スタイリング剤を使っていても、1回でスッキリ洗い流せたり、価格が安いというメリットがあります。
しかし、皮脂を流しすぎてパサつきの原因になるのです。

 

髪の乾燥を防ぐには適度な洗浄力で低刺激なシャンプーを選ぶ必要があります。
オススメはアミノ酸系の洗浄成分です。


 

アミノ酸系洗浄成分には次のようなものがあります。

 

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロアンホ酢酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • コカミドDEA
  • ラウロイルグルタミン酸Na

など

 

乾燥によるパサつきを防ぐためにも、アミノ酸系シャンプーを選んでください。

 

参考:アミノ酸系シャンプー一覧

 

パサつきを防ぐためには髪の水分量をアップさせることも必要です。
では、具体的にどんな成分が必要かを見ていきましょう。

 

1−2.髪を保湿することができる

パサつきを改善するシャンプーの中にも、2つのパターンがあります。

 

  • シリコンオイルなどで髪の表面に油分を補っている
  • 髪の内側から水分量をアップさせる

 

価格の安いシャンプーはシリコンなどで髪の毛の表面を油分でコーティングしているだけです。
髪の表面にシリコンオイルが付くことで、指通りが良くなり重みも出るためしっとり感が得られるのです。

 

ですが、パサついた髪は内側の水分が不足している状態。
いくら外側をコーテイングしても、内側が乾燥していると広がりやすくまとまりません。

 

髪の内側からの保湿効果が期待できる成分は以下の通りです。

 

◇おすすめの保湿成分

  • セラミド
  • リピジュア
  • 加水分解コラーゲン
  • 加水分解コムギ
  • 加水分解シルク

など

 

加水分解○○は、PPTと呼ばれ、髪の毛に近い成分で、傷んだ部分を補修する効果があります。
しっとりさせたいなら、保湿成分もチェックしてみてください。

 

1−3.キューティクルを補修できる

キューティクルとは、髪の表面を覆っている膜のようなものです。

 

キューティクル

 

上の図は髪の毛の断面ですが、内側はケラチンと呼ばれるたんぱく質で満たされていて、外側を覆っているのがキューティクルです。

 

ケラチンとキューティクルはCMCと呼ばれる成分でくっつけられています。

 

髪の毛が熱ダメージや、洗浄力の強いシャンプーでダメージを受けると、このCMCが減ってしまい、キューティクルがはがれてくるのです。

 

キューティクルがはがれると、その隙間から水分が流れ出てしまい、髪がパサパサになってしまいます。

 

シャンプーの中にはキューティクルを補修するために、CMCを配合したシャンプーがあります。

 

パサつきを防ぐためには、CMCを配合したシャンプーを選ぶ必要があるのです。

 

 

パサつき対策をまとめると、

 

  • 強すぎる洗浄成分がパサつきの原因
  • 髪の内側から潤すことが必要
  • キューティクルを補修しないと乾燥は防げない

 

の3つがポイントになります。

 

つまり、パサつきを改善させるシャンプーの選び方は、低刺激なアミノ酸系シャンプーで、髪の保湿効果キューティクルの補修効果があるシャンプーということになります。

 

ではここからは、パサつく髪を改善するおすすめのシャンプーをご紹介していきます。

2.パサつき改善!おすすめのしっとり系シャンプー3選

パサつき改善効果が高いしっとり系シャンプーを3つ集めてみました。
少し価格は高めですが、美容室でトリートメントすることを考えれば、十分コスパが高いと思います。

 

アンク・クロスシャンプー

アンク・クロス

有名モデルも御用達のサロン、「アンク・クロス」がプロデュースしているシャンプー。

セラミドや、ペリセア、リピジュアなどのCMCによって、徹底的に髪を補修、保湿してくれます。
それにより、ダメージヘアでもしっとりまとまって、ツヤのある髪に仕上げることができます。
香りは9種類も用意されているので、好みのものを選べるのもうれしいですね。

 

公式サイトはこちら
>>アンククロスオリジナルシャンプー

 

美髪ベースメイクシャンプー守り髪

守り髪

高い補修力と即効性があるシャンプー、トリートメントです。

キューティクルを補修する成分(CMC)と髪の内部を補修する成分(PPT)が含まれています。
アミノ酸系洗浄成分なので低刺激、しっとりツヤのある髪に仕上がります。

 

公式サイトはこちら
>>美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

 

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム

高い保水効果があるアミノ酸系洗浄成分のシャンプーです。

ヒアルロン酸やリピジュアなど、保湿と補修の両方の効果を兼ね備えています。
トライアルセットもあり、トリートメントとヘアオイルがセットになっています。
合わせて使えばしっとりまとまる髪に大変身!

 

公式サイトはこちら
>>クイーンズバスルーム

 

 

ここでは、アンククロスオリジナルシャンプーを一位に選びました。
なぜこのシャンプーが、パサついた髪を改善するのにいいのでしょうか?

3.アンク・クロスオリジナルシャンプーってどんなシャンプー?

パサつきを改善するシャンプーの条件は次の3つでした。

 

  • アミノ酸系の低刺激な洗浄成分
  • 髪の内側から保湿する
  • キューティクルを補修する

 

アンククロスオリジナルシャンプーは、これら3つの全ての条件に合っているシャンプーなのです。

 

順番に見ていきましょう。

 

アミノ酸系の低刺激な洗浄成分

アンククロスシャンプーの洗浄成分は、

 

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロアンホ酢酸Na

 

などのアミノ酸系洗浄成分が使われています。

 

また、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Naという天然由来の成分を加え、低刺激ながら泡立ちを良くしています。
この成分は洗浄力が強いのですが、メインで使われているわけではないのと、、「ラウラミドプロピルベタイン」という、ベタイン系と呼ばれる成分によって刺激が緩和されているので、全体としては泡立ちが良いのに低刺激なシャンプーになっています。

 

ですから、過剰に皮脂を洗い流すことがなく、髪にうるおいを残したまま洗い上げることができるのです。

 

髪の内側から保湿する

髪の内側から保湿する成分として

 

  • セラミド
  • リピジュア
  • 加水分解コラーゲン

 

が使われています。

 

特にリピジュアは、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われており、とても高い保湿効果がある成分です。

 

キューティクルを補修する

キューティクルを補修するためには、CMCなどの成分が必要です。

 

アンククロスシャンプーには

 

  • ペリセア
  • 18-MEA

 

などの補修成分が配合されています。
さらに、先ほど紹介したセラミドやリピジュアもキューティクルを補修する効果があります。

 

なので、アンククロスシャンプーは、キューティクルの補修効果も高いシャンプーなのです。

 

選べる香りが9種類もある

ヘアケアとは関係はありませんが、香りが9種類も用意されているので、匂いにこだわる女子にはうれしいポイントです。

 

選べる香りは、

 

  • ラクシュミー
  • ミルキーチェリー
  • プルメリアミルク
  • ピーチベリー
  • ココナッツ
  • ラヴィアンローズ
  • ブルネラ
  • マリアーナ
  • ロエール

 

です。

 

アンク・クロスオリジナルシャンプーのデメリット

有名サロンがプロデュースしているだけあって、かなりクオリティの高いシャンプーなのですが、やはりデメリットもあります。

 

一つは保湿効果が高いので、少ししっとりめの仕上がりになることです。
ですので、ふんわり仕上げたい方には合わないかもしれません。

 

もう一つは高級な成分をふんだんに使っているだけあって価格が高いこと。
定価では200mlでも3,000円を超えます。

 

(ただし、公式ページから購入することで、半額で購入できます)

 

 

アンククロスシャンプーをオススメできる人、できない人

 

こんな方にはおすすめできない

 

  • シャンプーにお金をかけたくない
  • 髪がそれほど傷んでいない
  • ふんわり仕上げたい

 

こんな方にオススメ!

 

  • パサつきをなんとかしたい
  • ダメージケアをしたい
  • セミロングやロングヘア
  • 香りを楽しみたい

 

アンク・クロスシャンプーは、有名美容室が手掛けた特別なシャンプーです。
同ラインのトリートメントも用意されていますので、自宅で美容室と同じレベルのヘアケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

↓アンク・クロスシャンプー↓

 

髪質、目的別 シャンプーの選び方