本当にいいシャンプーの見つけ方

おすすめの洗い流さないトリートメント4つを厳選

 

洗い流さないトリートメントは、お風呂で使うトリートメントだけでは髪質改善が物足りない場合や、お出かけ前のスタイリングと兼用で使うトリートメントです。
髪の外側を保護したり、パサついてはねた髪を整えたりすることができます。

 

ここでは、効果の高いおすすめの洗い流さないトリートメントを4つ厳選してご紹介します。

 

※洗い流すタイプのトリートメントのおすすめは、以下の記事をチェックしてみてください。
>>おすすめのトリートメント5つを厳選(インバス編)

 

 

1.洗い流さないトリートメントの効果

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントとは、髪を洗い終わって、お風呂を出てから使う洗い流さないタイプのトリートメントです。
お風呂の外で使うので、「アウトバストリートメント」とも呼ばれます。

 

インバストリートメントは髪の内部に栄養を届けるトリートメントですが、洗い流さないタイプは外側からのダメージを補修して、髪の表面をなめらかに整える働きがあります。

 

キューティクルの表面は脂質で覆われているので、油になじみやすい成分を使うことで髪の外側のダメージを補修します。
栄養を与えながらも、表面もケアしたいという時に向いています。


 

パーマやカラーは特にしていないけれど、ちょっとパサついて髪がまとまらない、という時に使ってみるといいでしょう。
テクスチャーにも種類があって、オイルタイプは夜のケアに、クリームタイプは朝のケアに向いています。

 

使い方は簡単!
夜は洗髪後、軽くタオルドライした髪の毛先やパサつきが気になるところにトリートメントをよくもみこんで、すぐにドライヤーで乾かします。

 

こうするとトリートメントの油分で膜を作り、髪の内部の水分が蒸発するのを防ぐとともに、髪の表面を熱から守りツヤのある髪を作ります。

 

また、パサつきが気になる時は朝使うのもおすすめです。
日中も紫外線を浴びたり、エアコンの風邪で髪が乾燥します。
朝トリートメントを使うことで、これらのダメージから髪を守り、パサつきを防ぎます。

 

1−1.ヘアクリームの効果

ヘアクリームは油分と水分を混ぜてクリーム状にしたもので、コラーゲンなどの栄養分が配合されているものもあります。
水分が多ければゆるめのクリーム、油分が多ければヘアオイルに近いテクスチャーになります。

 

ヘアクリームの一番の効果は髪の保湿です。

 

配合されている成分によっても若干効果は違ってきますが、傷んだ髪に栄養を与えながら保湿することが出来るので、パーマやカラーで傷んだパサついた髪をしなやかにまとめ、髪の広がりを押さえながらつややかな髪を作ります。

 

髪が濡れていても乾いていても使えますが、お風呂上がりの濡れている状態で使うと髪の内部にも栄養を届け、かつ、しっとりまとめることできます。
また髪が長い場合、傷んだ部分が多いと全体に塗りにくいのですが、クリームなら伸びが良いので均一に塗りやすいというメリットもあります。

 

油分の少ないゆるめのヘアクリームなら重くなることもなくエアリーな仕上がりにすることも可能で、パサつきを押さえながら柔らかい雰囲気にまとめることが出来ます。

 

1−2.ヘアオイルの効果

ヘアオイルは昔から使われている椿油は馬油、ホホバオイルなど、人の皮脂となじみのよい成分が含まれているため、髪との相性もよく、熱に強いという特徴があります。
保湿しながら髪をまとめたい時にはヘアオイルが向いています。

 

特に、紫外線に当たって髪が傷んでいる、ヘアアイロンの熱などで髪がパサついている方にはヘアオイルがおすすめです。
パサついて広がる髪をしっかりまとめてくれるので、湿気が多い日などに使うのもいいでしょう。

 

洗髪後、軽くタオルドライをした後に毛先にヘアオイルを揉み込んでからドライヤーをかければ、髪の内部の水分を閉じ込めて、しっとりまとまる髪に。
また、朝使うことでパサつきを押さえるだけでなく、紫外線から髪を守り髪が広がるのも押さえます。

 

ただ、つけすぎるとホコリがつきやすくなったり、べたっとしてしまうことがあるので、付ける量には注意してください。
地肌の近くには使わずにパサついて広がりやすい毛先を中心につけるようにしましょう。

 

 

2.オススメの洗い流さないトリートメント4選

 

CODINAアルガンクリーム(musubi)

 

CODINAアルガンクリーム

 

100%未精製のバージンアルガンオイル配合美容クリーム。
フランスのオーガニック認証を取得していて高品質です。

 

◇こんな女性にオススメ

  • 傷んだに悩んでいる
  • パサつきがひどい
  • エイジングケアをしたい
  • UVケアをしたい

 

↓クリックで詳細をチェック!↓
CODINAアルガンクリーム

 

 

 

Melvita アルガンオイル(メルヴィータジャポン)

 

アルガンオイル

 

純度100%の希少なアルガンオイル。
ブースターオイルとしてだけではなく、頭皮クレンジングやボディケアにも使えます。

 

◇こんな女性にオススメ

  • ヘアケア以外にも使えるオイルを探している
  • パサつきがひどい
  • ツヤを出したい
  • しっとりまとまる髪にしたい
  • UVケアをしたい

 

↓クリックで詳細をチェック!↓
Melvitaアルガンオイル

 

 

 

オーガニックホホバオイル(NATURAL ORCHESTRA)

 

ホホバオイル

 

100%オーガニックの正式認定を受けたホホバオイルです。
(ECOCERT / COSMOS)
非加熱のコールドプレスで抽出されているため、栄養素が豊富に含まれています。
頭皮のエイジングケア、抜け毛ケアにも使えます。

 

◇こんな女性にオススメ

  • ヘアケア以外にも使えるオイルを探している
  • パサつきがひどい
  • ツヤを出したい
  • しっとりまとまる髪にしたい
  • UVケアをしたい

 

↓クリックで詳細をチェック!↓
NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

 

 

 

マルラオイル(エトヴォス)

 

マルラオイル

 

アルガンオイルを超えると言われるレアオイル。
高酸化力はオリーブオイルの10倍!
保湿効果が非常に高いオイルです。

 

◇こんな女性にオススメ

  • ヘアケア以外にも使えるオイルを探している
  • パサつきがひどい
  • ツヤを出したい
  • しっとりまとまる髪にしたい
  • UVケアをしたい

 

↓クリックで詳細をチェック!↓
【VIRCHE】マルラオイル

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ヘアクリームとヘアオイルの使い分けは、

 

  • 髪の補修、保湿
  • 軽めに仕上げたい

ならヘアクリームを

 

  • しっとりまとめたい
  • ツヤを出したい

ならヘアオイルがおすすめです。

 

髪の状態やなりたい髪質に合わせて使い分けてみてくださいね。