泡立て方

シャンプーTIPS

シャンプーを泡立てるコツとおすすめグッズをご紹介

更新日:

美容師がシャンプーをモコモコと泡立てながら髪を洗う姿をイメージして、自分も泡立て方をマネしたいと思う方は多いでしょう。

美容師がシャンプーをうまく泡立てることができるのはシャンプーが良いのもあるかもしれませんが、泡立てるコツをマスターしているからです。

シャンプーを泡立てて洗うと髪や頭皮にも良い影響を与えますので、この機会にコツや手軽に実践できるグッズを知っておきましょう。

1.なぜシャンプーは先に手で泡立てた方がいいのか

シャンプーは、頭皮につける前の泡立てが重要です。

しっかり泡立てることで、次のようなメリットがあります。

  • 頭皮への刺激が和らぐ
  • かゆみやフケ対策になる
  • すすぎ残しが無くなる
  • 髪との摩擦を減らしてくれる

このように、先にしっかり泡立てることで髪と頭皮のケアにもなるのです。

特に、髪をコーティングするキューティクルはちょっとした刺激ではがれてしまうので、負担をかけない洗い方をするためにも、髪をこすって泡立てるより、泡にして頭に乗せたほうがよいのです。

2.泡立て方のコツ

シャンプーを頭に直接つけて洗おうとすると、シャンプーが泡立つのに必要な空気が入りにくくなり、かえって泡立ちにくくなります。

ですから、先に泡立てるのがポイントです。

シャンプーを上手に泡立てる方法として最初に行いたいのは、

シャンプーを泡立てる方法は、水とシャンプー剤と空気のバランスが非常に重要です

汚れが多いからといって、シャンプーを何プッシュもしてしまうと、お湯や空気量とのバランスが悪くなってしまいます。

お湯で濡らした手で、シャンプーはロングヘアーなら2?3プッシュ程度に抑えておきます。

ミディアムやショートならその半分が目安となるでしょう。

シャンプーを手のひらに乗せたら、少しのお湯を足して手でしっかりこすれば十分泡立てることができます。

ただし、シャンプーの中にはノンシリコンのように成分上、どうしても泡立ちにくい製品があります。

ノンシリコンシャンプーが泡立ちにくいのは、アルコール系の界面活性剤があまり使われていないからです。

アルコール系界面活性剤は食器用洗剤や洗濯用洗剤にも使われ、泡立ちやすく洗い心地も優れているのですが、刺激が強すぎるというデメリットもあります。

一方、ノンシリコンシャンプーには「アミノ酸系界面活性剤」が使われている場合が多く、こちらは泡立ちが少ないものの、髪への負担が抑えられます。

ノンシリコン系は手のひらで泡立てるのが難しいとされていますが、そんな時はシャンプーを両手になじませるくらいとり、髪に触れるように泡立てると効果的でしょう。

3.100均でも買える泡立てグッズをご紹介

今まで紹介してきた通りにシャンプーを泡立ててみたものの、うまく泡立てることができない。

または泡立てるのに時間がかかりすぎるという方は、100均ショップで購入できる泡立てグッズを利用しましょう。

まずは洗顔フォームの泡立てネットを使う方法があります。

泡立てネット

洗面器にシャンプー剤を入れたら、あらかじめお湯で濡らしておいたネットを入れてこすると、瞬く間に洗面器内が泡で満たされるでしょう。

体を洗うスポンジにシャンプーをつけてクシュクシュもんでも、ボディーソープのような効果を得られます。

最後は泡立て専用器をつくる方法です。

化粧品用などの小さい容器を購入して、シャンプー剤1~2プッシュ分入れます。

続いて、容器にお湯を30~50cc入れてよく振ると容器内でシャンプー剤が泡立ちます。

容器からもしっかり泡が出るので、そのまま頭にふりかけても大丈夫です。

シャンプーは泡で汚れを落とすという意識を持つと、髪につける前に泡立てる習慣も自然と身につくでしょう。

髪にダメージを与えないためにも、泡で包み込む洗い方をマスターして髪美人を目指してください。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-シャンプーTIPS

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.