ダメージケア

ダメージケア

傷んだ髪によくないシャンプーと本当にいいシャンプーの違い

更新日:

ダメージケアシャンプーってたくさんあるけど、全然傷んだ髪が治らない!

ダメージケアシャンプーといっても、安いシャンプーには補修成分なんかほとんど使われていないからなんです!

ここでは、市販のダメージケアシャンプーの一覧と、本当にいいダメージケアシャンプーをご紹介します。

ダメージケアシャンプー一覧

人気のダメージケアシャンプーを16個ピックアップしてみました。

商品名をクリックすると、仕上がりや評判の調査結果へ移動します。

  • アンククロスオリジナルシャンプー
  • 美髪ベースメイクシャンプー「守り髪」
  • ラスティークディープセラムシャンプー
  • ダイアンエクストラダメージリペア
  • ツバキダメージケアシャンプー
  • ツバキオイルエクストラスムースダメージケア
  • コタアイケアシャンプーK
  • ラックススーパーリッチシャインダメージリペア
  • ラックスルミニークダメージリペア
  • ベルーガアミノダメージケア
  • パンテーンエクストラダメージケア
  • クリニケア毛先までパサついて傷んだ髪用シャンプー
  • オルジェノアリッチリペアシャンプー
  • ダヴダメージケアシャンプー
  • ケラスターゼREバンドフォルスN
  • ロックイオンナチュラルシャンプー
  • 傷んだ髪によくないシャンプー

    傷んだ髪に良くないシャンプーとは、

    • 洗浄力が強い
    • 髪の内部補修ができない
    • キューティクルが補修できない
    • 皮膜だけでごまかしている

    といった4つの条件に当てはまるものになります。

    1000円以下のシャンプーだと、これに当てはまるものがほとんどです。

    では、4つの条件について詳しく説明していきます。

    洗浄力が強い

    洗浄力が強いシャンプーは、必要な皮脂まで洗い流してしまうのと、キューティクルをはがしてしまう可能性があります。

    皮脂不足は、髪のパサつきの原因になりますし、傷んだ髪のキューティクルがさらにはがれることになれば、どんどんダメージが進行してしまいます。

    最近では、サルフェートフリーといって、硫酸系の洗浄成分を使っていないものも多いのですが、それでも低価格のシャンプーは洗浄力が強い成分をまだまだ使っています。

    髪の内部補修ができない

    傷んだ髪は、髪の内側にダメージホールができてしまっています。

    傷んだ髪

    ダメージホールはタンパク質が流れ出てできてしまった穴です。
    主に、パーマやカラーによってできます。

    こうなると、髪にハリコシがなくなって、うねうねして絡まりやすい髪になります。

    ダメージホールを補修する成分は高価なため、安いシャンプーにはほとんど配合されていません。

    キューティクルが補修できない

    キューティクルはCMCという成分で髪にくっつけられているのですが、傷んだ髪はCMCが失われてしまうため、キューティクルがはがれてしまっています。

    キューティクル

    このCMCを補うことでキューティクルを補修できるのですが、これも高価な成分なため、安いシャンプーではほとんど使われていません。

    皮膜だけでごまかしている

    ノンシリコンシャンプーが主流ですが、その代わりのポリマー系の皮膜成分は必ず使われています。

    こういった成分で髪の外側をツルツルにしてダメージをごまかすシャンプーは、まだまだ多いのが実態です。

    では、傷んだ髪に本当にいいシャンプーとは、どんなシャンプーでしょうか?

    傷んだ髪にいいシャンプー

    傷んだ髪にいいシャンプーの条件は、

    • ベタイン/アミノ酸系洗浄成分
    • 髪の内部補修ができる
    • キューティクルが補修できる

    の3つになります。
    順番に説明していきます。

    ベタイン/アミノ酸系洗浄成分

    ベタイン系、アミノ酸系洗浄成分が、髪にも優しい低刺激な洗浄成分です。

    ベタイン系でよく見るのがコカミドプロピルベタイン。

    アミノ酸系なら、

    • ココイル〇〇
    • ラウロイル〇〇

    など。
    〇〇には、グルタミン酸やメチルアラニンなどが入ります。

    注意したいのは、サルコシン系と呼ばれる成分。
    ココイルサルコシンNaやラウロイルサルコシンKなど、サルコシンが入る成分です。

    これらはアミノ酸系ですが、洗浄力や刺激が強め。
    安いアミノ酸系シャンプーに良く使われている成分です。

    おすすめは、タウリン系やアラニン系です。

    髪の内部補修ができる

    傷んだ髪にできたダメージホールは、PPTと呼ばれる成分で補修できます。

    髪の補修

    加水分解〇〇書かれた成分が、髪の内部に浸透する成分です。

    加水分解というのは、成分を分解して分子を小さくしたもの。
    なので、キューティクルの隙間から髪の内部に浸透することができるのです。

    キューティクルが補修できる

    キューティクルを補修することができる成分として良く使われているのが、

    • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
    • ポリクオタニウム-51
    • セラミドNG、NP、AP

    ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはペリセアとも呼ばれていて、髪の内部まで浸透して補修することができる、効果が高い成分と言われています。

    なので、この成分が配合されているシャンプーは少し高めのお値段になっています。

    ここまでご紹介した条件を満たすシャンプーは、こちらのページで紹介していますので、チェックしてみてください。

    >>傷んだ髪にいいシャンプー!マイナーだけど高補修力です

     

    人気の記事

    傷んだ髪にいいシャンプー 1

    ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

    低刺激シャンプー 2

    さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

    髪のパサつき 3

    髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

    オーガニックシャンプー 4

    オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

    朝からまとまる髪 5

    40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

    ボリュームのある髪 6

    ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

    ふんわり髪 7

    髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

    -ダメージケア
    -, ,

    Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2019 All Rights Reserved.