サラサラ髪

艶髪

さらさら髪になるシャンプーのやり方

更新日:

髪をさらさらにしたいのに、髪がどんどんボサボサになる・・・
さらさらにしようとして、縮毛矯正やヘアアイロンの使い過ぎで髪が傷んで、枝毛や切れ毛だらけのボサ髪になっていませんか?

髪をさらさらにするのって結構大変。
髪質によっても左右されます。

ここでは、なぜ髪がさらさらにならないのかと、縮毛矯正をしなくてもさらさらな髪になれるシャンプーのやり方とヘアケアの方法をご紹介します。

1.髪がさらさらにならないのはなぜ?

さらさらな髪にならない理由は次の5つが考えられます。

  • ダメージヘア
  • パサつき
  • ベタつき
  • くせ毛
  • 髪のエイジング

順番に説明していきます。

ダメージヘア

髪が傷んでいると、枝毛切れ毛ができやすく、ボサボサな髪になってしまいます。
さらさらな髪とは程遠い状態ですよね。

パーマやカラーなど、様々な理由で髪が傷んでしまっているなら、まず髪の補修が必要です。
補修力の高いシャンプーやトリートメントで、内側からケアしましょう。

CHECK
艶髪
傷んだ髪を修復したい!ひどく傷んだ髪のケア方法

アイロンやパーマでひどく傷んだ髪を修復したい!傷んだ髪を修復するには髪の内側まで浸透する補修成分が使われたシャンプーやトリートメントを使う必要があります。どんなシャンプーやトリートメントがおすすめかをご紹介します。

パサつき

パサパサで乾燥した髪は艶もなくふわふわとした浮き毛にもなりやすいので、さらさら感が出ません。
乾燥している髪はうねりも出やすくなります。
重くならない保湿系のシャンプーやトリートメントを使ったり、アウトバスでの保湿ケアが重要になります。

CHECK
きれいな髪
ごわごわでパサパサな髪をサラサラに!シャンプーの選び方

ゴワゴワでパサパサな髪は広がってしまってスタイリングも大変!その原因は、実は使っているシャンプーかも!?ごわごわ髪を対策して
サラサラで柔らかい髪に改善するオススメのシャンプーやトリートメントの選び方もお教えします!

ベタつき

べたついて、ぺたんとなってしまうような髪だとさらさらにはなりません。
ベタつきを改善する必要があります。

べたつきは、安くて洗浄力が強いシャンプーが原因だったりします。
使っているシャンプーが問題ないかもチェックしてみましょう。

CHECK
シャンプー
髪や地肌がべたつく原因は洗浄力の強いシャンプーかも

ドラッグストアの安いシャンプー。それ地肌のべたつきの原因かも?硫酸系の強すぎる洗浄力のシャンプー皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。アミノ酸系の低刺激シャンプーの中でも、きちんと汚れを落とせるように調整されたシャンプーを選ぶことが大切です。

くせ毛

くせ毛だと、さらさらにしたくて縮毛矯正をしている方も多いのではないでしょうか。
でも、そのせいで髪が傷んでボサボサになってしまっている方も少なくないでしょう。

実は、ヘアケアだけでも、結構くせ毛は改善できるんです。

CHECK
くせ毛
くせ毛の10の原因と全対策まとめ

くせ毛を伸ばすために縮毛矯正をしてるけど、枝毛だらけでもうイヤ!という方のために簡単にくせ毛をまっすぐにする方法をご紹介します。一番重要なのは、実はシャンプー。アミノ酸系の少しいいシャンプーを選んでみてください。

髪のエイジング

年齢と共に、髪に艶がなくなってうねりが出たり、パサパサな髪になってきてしまいます。
髪のエイジングケアは、髪だけでなく頭皮のケアも合わせてすることで、ハリコシと潤いを取り戻して、さらさらな髪に近づくことができます。

髪のエイジングの原因は女性ホルモンの減少と言われています。
個人差はありますが、だいたい35歳くらいから女性ホルモンの減少がはじまります。
早めにヘアケア、頭皮ケアを始めておくことが大切です。

CHECK
地肌ケア
35歳過ぎたら始める!頭皮ケアエッセンスでエイジングケア

女性は35歳頃から女性ホルモンの減少が始まるため、その影響で髪と頭皮にエイジングトラブルが起こります。できるだけ長く美しい髪を維持したいなら、早めに頭皮のエイジングケアを始めることが大切です。

2.髪をさらさらにするシャンプーのやり方

ここからは、髪をさらさらにする方法を紹介していきます。
縮毛矯正やコテを使わずに、髪にダメージを与えない方法を見ていきたいと思います。

まず大切なのがシャンプーのやり方です。
べたつかないよう、パサつかないようにシャンプーをする必要があります。
シャンプーをする前の段階から勝負は始まっているんです!

シャンプー前のブラッシング

ブラッシング

シャンプー前のブラッシングで、1日の生活の中で髪の毛の表面などに付着したほこりや汚れなどを落とすことができます。
それにより、シャンプーの泡立ちも良くなるんです。
髪のベタつきを防ぐための重要な1ステップです。

ブラッシングは髪の毛の根元付近を軽く押さえながら髪の毛をゆっくりほぐしていきましょう。
このときに根元から一気にブラッシングするのではなく、毛先から優しくほぐすことがポイントです。

予洗い

シャンプー前のすすぎのことです。
髪を濡らすだけでなく、汚れを落とすことを考えながらすすぐことで、汚れの70%くらいは落とせます。
ほこりや汚れが落ちやすいように、指を髪の毛の間に通すようなイメージで行うとよいでしょう。

お湯の温度は38℃!
高すぎると髪と頭皮の乾燥の原因になります。

正しいシャンプーのやり方

予洗いが終わったらシャンプーで髪と地肌をしっかり洗います。
正しい洗い方でシャンプーすることで、髪と地肌の汚れをきちんと落とすことができます。

できれば使うシャンプーにこだわってほしいのです。
安いシャンプーは、硫酸系と呼ばれている洗浄力が高いシャンプーが多いのです。
硫酸系シャンプーは、髪を乾燥させてパサつきやすくするだけでなく、キューティクルもはがれやすくなってしまい、艶も出にくくなります。

さらさらな髪にするためには、アミノ酸系シャンプーのような、低刺激で髪との相性がよいシャンプーを選んでください。

CHECK
【低刺激】アミノ酸系シャンプー16個の評価と評判

低刺激なアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを、市販、サロン専売問わず16個調査してみました。その中でもとくにおすすめのシャンプーもご紹介しますので、シャンプー選びの参考にしてみてください。

シャンプーは適量を使って洗いましょう。

◇適量とは?

  • ショートヘアの女性なら100円玉ぐらい
  • ロングヘアの方ならその3倍くらいの量

が目安となります。

シャンプーのやり方

次にシャンプーを手にとって泡立ててから髪を洗います。
洗うときにはゴシゴシと髪の毛を洗うのではなく、頭皮から汚れを浮かすようなイメージで優しく洗いましょう。

無理に強い力で洗いすぎると頭皮を痛める原因となってしまいます。
指の腹を使って丁寧に洗うことがポイントです。

このときに時間に余裕があれば、ツボ押しなどのマッサージをすることも良いでしょう。
頭皮マッサージには頭皮を柔らかくし血行も良くするため美しい髪作りにも効果が期待できます。

最後にシャンプーをしっかりと洗い落とします。
洗い残しがあると頭皮にシャンプーが残ってしまい、かゆみや炎症などのトラブルになることもありますので注意が必要です。
耳の後ろや髪の毛の生え際などもすすぎ残しがないように丁寧に洗いましょう。

泡立ちが悪いときはプレシャンプーが効果的

ヘアスプレーやワックスなどの整髪料を付けた日にいつもと同じようにシャンプーすると、なんだか泡立ちが悪いと感じる女性は多いのではないでしょうか。
ヘアスプレーなどの整髪料が髪に付着するとなかなか1度のシャンプーだけで汚れを落とすことは難しくなります。

そんなときはメインシャンプーの前に軽くシャンプーを行うプレシャンプーが効果的です。

本来プレシャンプーとは美容院でカットする前に髪を洗うことを指します。
ホームケアの場合でもまず頭皮や髪の毛に付着した汚れをさっと落とすことで、メインのシャンプー時にしっかり泡立てて髪を洗うことができます。
もし汚れが頭皮に残ったままだと、かゆみをはじめ、異臭や抜け毛などのトラブルとなることもあるので注意しましょう。

夏場に多く汗をかいた日や普段からワックスなどをよく使う女性の場合は、頭皮に残留物が残りやすい傾向にあります。
髪の毛の汚れが気になる日だけでも、普段のシャンプーにプレシャンプーを取り入れてみてはいかがでしょうか?
お化粧を毎日メイク落としするように、頭皮の汚れも日々しっかりと落とすことで美しい髪作りにもつながりますよ。

3.さらさら髪をキープするヘアケア

シャンプーでさらさら髪のベースができたら、お風呂をでた後のヘアケアでさらさらに仕上げましょう。

優しくタオルドライをしたら、少量のヘアオイルを手の平全体にのばしてから、髪全体になじませていきましょう。
ヘアオイルは髪の保湿と、ドライヤーの熱から髪を守るはたらきがあります。

ヘアオイルの後はドライヤー。
お風呂を出たらできるだけすぐに髪を乾かしましょう。
濡れたまま放っておくと、乾燥やダメージの原因になるからです。

9割くらい乾かしたら、最後に髪を引っ張ってうねりをまっすぐにしましょう。
引っ張ったまま乾かして、冷風で仕上げます。
髪が冷える瞬間にまっすぐの状態で固まるので、うねりがなくなってさらさらになります。

お出かけ前は、ストレートヘア用のミストなどで伸ばしておくのもいいですね。

4.まとめ

さらさら髪にするには、ダメージレスな髪で、べたつかず、パサつかない、絶妙なヘアバランスが必要です。
シャンプーやトリートメントで髪の状態を整えて、最後にヘアケアで仕上げれば、縮毛矯正をしなくてもさらさらな髪に近づくことができます。
ぜひ試してみてくださいね。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-艶髪
-, , ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.