オーガニック

低刺激

オーガニックシャンプーは女性の薄毛対策にならない!

更新日:

女性の薄毛対策にオーガニックシャンプーがいいと言われていますが、信じると危険です!
日本で売られているオーガニックシャンプーは、頭皮に悪い影響を与えるものも多いからです。

危険なオーガニックシャンプーを使うと、逆に薄毛が進行してしまうかも。
また、海外製の認証を取ったオーガニックシャンプーでも、育毛効果があるわけではありません。

この記事を読んで、安全なシャンプーを選べるようになりましょう。

1.薄毛が進行?危険なオーガニックシャンプー

オーガニックシャンプーとは、天然由来の成分が含まれているシャンプーのことだと思われがちですが、実は違います。
オーガニックシャンプーとは、無農薬で育てられた自然素材で作られたシャンプーなのです。

ですから、全ての成分をオーガニックにしようと思うととても手間がかかるので、価格も高くなります。

しかし、日本ではオーガニックシャンプーの認証はないため、オーガニック成分が1種類でも含まれていれば、オーガニックシャンプーとして販売されています。
オーガニックシャンプーと言っていても、こんな成分が使われているものも少なくありません。

  • 石油系界面活性剤
  • 防腐剤
  • 酸化防止剤

石油系界面活性剤

名前に「ラウリル」「硫酸」「アンモニウム」などが含まれているため、成分表にこれらを見つけたら石油系の界面活性剤の可能性が高いと考えてください。

洗浄力が高いので、頭皮を乾燥させてしまいますし、徐々に頭皮が皮脂コントロールができなくなってベタつきの原因にもなります。
頭皮環境が悪化し、薄毛の原因にもなる可能性があるのです。

防腐剤

シャンプーの消費期限を伸ばすのに使われる成分で、エチルやメチル、プチルなどのパラベン系や、フェノキシエタノールなどが防腐剤として添加されていることが多いです。
これらの成分は天然成分で代用できるため、添加されていないものを積極的に選ぶようにしましょう。

酸化防止剤

髪や頭皮に刺激を与えます。
成分表にはBHTやBHAとして記載されています。
できるだけ含まれていないものを選びましょう。

では、オーガニック認証を取っている本物のオーガニックシャンプーなら薄毛対策になるのかというと、そういうわけでもありません。

確かにオーガニックシャンプーは低刺激なので、市販の安価なシャンプーを使うよりは薄毛の予防効果はあるでしょう。
ですが、特に育毛を考えているわけではないので、積極的な育毛効果はきたいできないのです。

薄毛予防のためのシャンプーなら、オーガニックにこだわらず、無添加で育毛効果も期待できるシャンプーを選んだ方がいいでしょう。

2.薄毛対策に選ぶべきシャンプー

薄毛対策用シャンプーを選ぶなら、次のポイントを押さえておきましょう。

  • 洗浄成分が低刺激
  • 植物由来の無添加成分
  • 頭皮環境を整える効果がある

洗浄成分が低刺激

安いシャンプーに良く使われている硫酸系の洗浄成分は、頭皮を乾燥させてしまいます。
乾燥が続くと、頭皮は皮脂の分泌量を増やすため、今度はべたつきの原因になります。
そうすると健康な髪が生えてきにくくなり、薄毛の原因になってしまうのです。

CHECK
シャンプー
髪や地肌がべたつく原因は洗浄力の強いシャンプーかも

ドラッグストアの安いシャンプー。それ地肌のべたつきの原因かも?硫酸系の強すぎる洗浄力のシャンプー皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。アミノ酸系の低刺激シャンプーの中でも、きちんと汚れを落とせるように調整されたシャンプーを選ぶことが大切です。

薄毛対策のためには、アミノ酸系などの低刺激なシャンプーを選びましょう。
成分表示をチェックして、

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルグルタミン酸TEA
  • ココイルグルタミン酸TEA

などの記載があればアミノ酸系の洗浄成分です。
また、コカミドプロピルベタインなどのベタイン系の洗浄成分も、ベビーシャンプーに使われるような低刺激洗浄成分です。

植物由来の無添加成分

全ての成分がオーガニックではなくても、無添加にはこだわわりましょう。
やっぱり植物由来成分であるほうが、地肌へのストレスが少なくて済みます。

できるだけ100%無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮環境を整える効果がある

3つ目が薄毛対策に重要なポイント!
頭皮の抗酸化、抗炎症作用のある成分が使われていることです。

頭皮環境を整えておくことが、薄毛対策に重要なのです。

この3つのポイントを押さえたシャンプーでおすすめなのが、マイナチュレ・シャンプーです。

マイナチュレシャンプー

洗浄成分はベタイン系アミノ酸系で低刺激な無添加シャンプーです。

  • グリチルリチン酸ジカリウムやローズマリー葉エキスによる抗炎症作用
  • フラーレン、アケビエキスによる抗酸化作用
  • ケラチンなどのPPTによる髪のエイジングケア効果

などがあり、健康な髪を育てるためにピッタリのスカルプシャンプーです。
かなりこだわった商品だからメーカーも自信があるようで、使用済みでも返金可能な保証を付けているようです。

詳しい内容は、公式ページでチェックしてみてください。

■公式ページへ
マイナチュレ・シャンプー

3.それでもオーガニックシャンプーを使いたいなら

やっぱりオーガニックにこだわりたい!

そんな場合はオーガニック認証を取得しているシャンプーを選びましょう。
アメリカのUSDAという規格や、ヨーロッパのCOSMOSという規格などが有名です。

USDAを取得しているシャンプーとしては、ジョンマスターオーガニックが有名ですね。
ですが、使われていないはずのシリコンが使われていたことが判明するなど、少し心配な部分があります。

COSMOSを取得しているシャンプーでは、ドットエヌシャンプーがあります。
日本で初めてCOSMOSを取得しています。

国産なので、少し安心感がありますよね。

公式サイトはこちら
>>ドットエヌシャンプー

まとめ

日本ではオーガニック認証がないため、オーガニックシャンプーと書かれていても、危険なシャンプーもあります。
また、オーガニックシャンプー自体に育毛効果があるわけではないので、薄毛対策のことを考えて作られている無添加の育毛シャンプーを選ぶ方が、薄毛対策には効果的でしょう。

どうしてもオーガニックシャンプーを選びたいなら、オーガニック認証を取得しているシャンプーを選んだ方が安全です。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-低刺激
-, ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.