界面活性剤

シャンプーTIPS

シャンプーの界面活性剤とは?不使用のシャンプーってあるの?

更新日:

使用感や香りなど、シャンプーを選ぶときには気になるポイントがいくつかあり、中には成分に気を配って買う人も多いのではないでしょうか。

シャンプーに含まれる成分はいろいろありますが、中には界面活性剤のような化学的に必要な成分もあります。

このような成分は、髪にどのような影響をもたらすのでしょうか。

1.界面活性剤とは?

界面活性剤について、言葉としては知っていても、どのような働きを持っているのか知らない人は多いのではないでしょうか。

界面とは2つの異なる性質を持つ物質の境界面のことです。

界面活性剤はそのような界面に作用して、性質を変え、お互いになじみやすいように変化させる働きがあります。

界面活性剤の分子は、1つの分子の中に水になじむ性質の「親水性」と油になじむ性質の「親油性」の2つの性質を持っています。

このような構造を持っているため、界面活性剤は水と油のように本来は混じり合うことのない物質同士を混ぜ合わせることができるのです。

具体的には、界面活性剤は

  • 浸透
  • 乳化
  • 分散

の3つの作用を持ちます。

浸透作用

たとえばウールなどの繊維を水に浸したとき、本来は繊維の中には水がなかなか入っていきません。

しかしここに界面活性剤を入れると繊維と水がなじみやすくなり、水がぐんぐんと水の中に入っていきます。

乳化作用

界面活性剤に含まれる親油性の成分が油を取り込み、親水性の成分がその外側に並ぶことで水と油がきれいに混ざる作用のことをいいます。

分散作用

ススのような粉末状のものを界面活性剤を含む水の中に入れたときに起こる作用で、ススの粒子は界面活性剤の粒子に取り込まれ、水の中に散らばります。

こういった作用があるため、界面活性剤は化粧品や医薬品、食品など身近なものに使われており、その中にはシャンプーも含まれます。

2.界面活性剤なしのシャンプーはない

シャンプーは髪を洗浄し清潔にするために行いますが、実はシャンプーの洗浄成分は界面活性剤なのです。

界面活性剤は水だけでは流しきれない皮脂やワックスなどの汚れを浮かし、それを包み込み洗い流してくれます。

この働きがあるからこそシャンプーをするのであって、もし界面活性剤を髪に使いたくないと思うのなら水だけで髪を洗浄しなければなりません。

3.薄毛や抜け毛の原因になりやすい界面活性剤はどんな成分?

汚れを落とし髪をきれいにしてくれる界面活性剤ですが、実はさまざまな種類があります。

大きく分けると自然界にもともと存在する天然の界面活性剤と、人工的に作られた合成界面活性剤の2つです。

それぞれシャンプーによって含まれる種類や配合が異なり、洗浄力の高さや泡立ちに影響しています。

一般的に天然の界面活性剤は肌や髪への刺激が弱く、安心して使いやすいといわれています。

たとえば牛乳に含まれるカゼイン、大豆やヘチマから採れるサポニン、卵黄のレシチンなどです。

それに対し、合成界面活性剤は洗浄力が強く、シャンプーの泡立ちも良くなる分肌への刺激が強くなりがちです。

特に「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」といったアルコール系の界面活性剤は刺激が非常に強く、抜け毛や薄毛の原因になりかねません。

また石油から作られる「オレフィン(C12-C14)スルホン酸ナトリウム」などの石油系界面活性剤も避けたほうがいい成分です。

しかし合成界面活性剤の中でも、天然成分から作られたものは低刺激で安心して使いやすいものもあります。

たとえばアミノ酸系やベビーシャンプーにも使われることのあるベタイン系などです。

界面活性剤の含まれないシャンプーはありませんから、それぞれの成分の特徴や注意点を知り、自分にあったシャンプーを選ぶことが重要です。

シャンプーを買うときには成分表示をよく読んで、どんな成分が含まれているのか、確認してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-シャンプーTIPS
-, ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.