絡まる髪

ダメージケア

絡まる髪がサラサラになるシャンプーの選び方

更新日:

髪が傷むと、絡まりやすくなります。

絡まりやすい髪は、朝のスタイリングも大変!
ブラッシングで切れたり、抜けたりすることも!!

髪が絡まりやすくなるのは髪が傷んでいることが原因。
傷んだ髪をケアすることで、髪が絡まりにくくなります。

どんなシャンプーを使えば、絡まりにくい髪になるのでしょうか?

絡まりやすい髪がサラサラになるシャンプー、トリートメント

髪が絡まらないようになるシャンプー、トリートメントの条件は、

  • 髪の内側を補修できる
  • キューティクルを補修できる

の2つです。

キューティクル

この2つの条件が満たせていれば、髪はハリが出て、表面はツルツルになるので絡みにくくなります。

残念ながら、安価なシャンプーやトリートメントではこういった効果がないのが実情。
本当に効果があるシャンプーは、あまり知られていないのです。

当サイトでおすすめしているのは美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

他にも、マイナーだけど、本当にダメージ補修効果があるシャンプーをまとめているので、こちらの記事をご覧ください。

>>傷んだ髪にいいシャンプー!マイナーだけど高補修力です

 

絡まりやすい髪になる原因

髪が絡まりやすくなるのは、髪が傷んでいるからですが、その結果、

  • 髪にハリがない
  • キューティクルがリフトアップして引っかかる

といったことが起こるからです。

順番に見ていきましょう。

髪にハリがない

髪が傷むと、髪の内部に空洞ができてハリがなくなります。

傷んだ髪

そうすると、髪はウネウネしやすくなって、髪の毛同士が絡まったり、結ばれたりしてしまうのです。

ハリがある髪は、根元から真っ直ぐ伸びるので、絡まりにくいのです。

キューティクルがリフトアップして引っかかる

キューティクルがめくれてリフトアップすると、指通りが悪い髪になります。

キューティクルが整った髪はツルツルで髪の毛同士が引っかかりにくいのですが、キューティクルが剥がれてくると、ツルツル感がなくなります(指通りが悪い状態)

なので、髪の毛同士が引っかかって、絡まってしまうのです。

シャントリ以外の対策

シャントリ以外での対策方法は、

  • 洗い流さないトリートメントを使う
  • パーマやカラーをやめる
  • コテの温度を下げる
  • 傷んだ部分を切る
  • アモジメチコン

の5つがあります。

洗い流さないトリートメントを使う

洗い流さない、アウトバストリートメントを使えば、髪の表面に油分を補うことができるので、髪が引っかかりにくくなります。

ただし、ハリコシを出すことはできないので、改善効果は「中」くらいでしょう。

CHECK
アウトバストリートメント
おすすめの洗い流さないトリートメント3つを厳選

オススメの洗い流さないトリートメントを4つ厳選してみました。ヘアクリームとヘアオイルを選んでしますので、髪質やなりたい髪にあわせて使い分けてみてください。

パーマやカラーをやめる

パーマやカラーを繰り返すと、当然髪は傷みます。

そうすると、どんどん絡まりやすい髪になってしまいます。

パーマやカラーの頻度を下げて、ダメージを抑えるようにしましょう。

コテの温度を下げる

ヘアアイロンの温度を下げることもダメージ予防には効果的。

できるだけ低温で、短時間で済ませましょう。

難しい場合は、やっぱりシャントリでのダメージ補修が必要かもしれません。

傷んだ部分を切る

傷んだ部分を切ってしまえば、もちろん髪は絡まりにくくなります。

でも、伸ばしたい人は切りたくないですよね。

その場合は、やっぱりシャンプーやトリートメントで補修しながら伸ばす方がいいでしょう。

アモジメチコン

アモジメチコンは、シリコンの中でも吸着力が強く、髪がツルツルになる成分。

アモジメチコンの配合量が多いコンデショナーを使えば、髪の絡まりが解消できます。

最近の国産のシャンプーだとあまり使われていないのですが、ケラスターゼにはシャンプーでも配合量が多いものがあります。

シリコンに抵抗がなければ、かなりトゥルンとした仕上がりになるのでいいかもしれません。

ただし、髪の傷みは改善しないので、根本的な解決にはなりません。

 
>>目次に戻る

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-ダメージケア
-, ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.