カラー

ダメージケア

パーマ、カラー、縮毛矯正のダメージ対策の方法

投稿日:

パーマやカラーを繰り返していて髪がボサボサになったり、縮毛矯正で髪がボロボロという方もいるでしょう。

美容室でトリートメントしてもらうのもいいですが、ホームケアだって大切!

本当に補修力が高いシャンプーを選べば、簡単に自分でケアできてしまうのです。

補修力の高いシャンプーの選び方

パーマやカラー、縮毛矯正は、薬剤によってキューティクルが傷むのと、髪の内側にもダメージを与えます。

ですから、ダメージケアのためには、キューティクルと髪の内部補修の両方が必要になります。

キューティクルの補修がしっかりできる成分としては、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaが知られていますが、市販のシャンプーで使われていることはほとんどありません。

キューティクル

それだけ高価な成分ということです。

また、髪の内部補修にはPPTという成分が必要ですが、これも配合はされているけど、量が少なかったりで、そこまで効果があるシャンプーは珍しいのです。

髪の補修

両方とも高い効果があるシャンプーとしては、守り髪などがありますが、ドラッグストアなどでは売られていないシャンプーです。

そこで、あまり知る機会がないけど、本当に補修力が高いシャンプーをまとめてみたので、以下のページを参考にしてみてください。

>>傷んだ髪にいいシャンプー!マイナーだけど高補修力です

 

どうして傷むのか?

パーマやカラー、縮毛矯正で傷むのは、強い薬剤で無理やりキューティクルを開いて、髪の内側にも薬剤を浸透させるからです。

このとき、髪はアルカリ性になります。

髪は弱酸性の状態がいいのですが、アルカリ性になることで、髪は傷んでしまうのです。

傷まないようにするには?

パーマやカラーで、できるだけダメージを抑えるためにはどうすればいいのでしょうか?

間隔をあける

パーマやカラーをする間隔をできるだけ空けることで、ダメージを減らすことができます。

できれば3か月くらい間を空けるのが良いと言われています。

同時にしない

カラーとパーマを同時にすることで、一気に髪が傷んでしまいます。

間をあけてやるようにしましょう。

コスメパーマ

少しダメージが少ない、コスメパーマというものがあります。

掛かりは弱くなりますが、ダメージも少ないので、こういったパーマにしてみるのもいいかもしれません。

明るい色にしない

明るい色にするほど、脱色に時間がかかってしまうので、その分髪が傷みやすくなります。

ダメージが激しい時は、髪の色も抑え気味にしてみましょう。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-ダメージケア
-,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.