サラサラ髪

ふんわりヘア

髪がぺたんこになる25の原因とふんわりさせる方法

投稿日:

髪がペタンコになってしまう原因は、大きく分けて5つ。

  • ダメージ
  • べたつき
  • スタイリングのやり方
  • シャンプー、トリートメント
  • 体質や体調

また、雨の日の湿気などのその他の原因も含めて、25のぺったんこになる原因と対策方法をご紹介していきます。

髪のダメージが原因

ヘアカラー

髪が傷むとハリコシがなくなって、髪がぺたんこになりやすくなります。
髪が傷む代表的な原因と対策方法をご紹介します。

1.ヘアカラー

ヘアカラーを繰り返していると髪が傷んでハリがなくなってきます。
髪の内側のたんぱく質が流出するのと、髪がアルカリ性になることが原因です。

ヘアカラーの回数を減らしたり、ダメージ補修力のあるシャンプー、トリートメントを選びましょう。

2.パーマ

パーマもカラーと同様に、髪がダメージを受けてハリがなくなります。
パーマ液もアルカリ性なので、これもハリがなくなる原因に。
ちゃんとパーマ液を除去できない美容室もあるようなので、信頼できる美容室を見つけましょう。

こちらも対策は回数を減らす、シャントリを見直すなどになります。

CHECK
カラー
パーマ、カラー、縮毛矯正のダメージ対策の方法

パーマやカラーを繰り返していて髪がボサボサになったり、縮毛矯正で髪がボロボロという方もいるでしょう。 美容室でトリートメントしてもらうのもいいですが、ホームケアだって大切! 本当に補修力が高いシャンプ ...

3.縮毛矯正

縮毛矯正も髪が傷むからというのもあるのですが、元々うねってふんわりしていた髪がストレートになることで、まとまりすぎてペタンコになるということがあります。

あまり極端に真っ直ぐにせずに、自然な感じのストレートにしてもらうようにしましょう。

髪のべたつきが原因

髪がベタつくと、重みで髪がペタンコになってしまいます。
髪のベタツキの原因をまとめてみました。

4.頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪化して、皮脂の分泌量が多くなってしまうとべたついて髪がペタンコになってしまいます。

まずは頭皮のトラブルを解消しましょう。

地肌が汚れている場合は、クレンジングシャンプーを使って清潔に保ちましょう。

CHECK
頭皮クレンジング
クレンジングシャンプー一覧

クレンジングシャンプーの一覧です。 クレンジングシャンプーを選ぶ時は、強い洗浄力で皮脂を洗い流すものではなく、オイルクレンジングできるものの方がオススメ。 頭皮の乾燥を防ぐことができるためです。 ミネ ...

5.シャンプーのしすぎ

べたつくからと言ってシャンプーをし過ぎると、逆にべたつきやすくなります。

皮脂を過剰に洗い流すことで、頭皮がより多く皮脂を分泌しようとするからです。

対策には、洗浄力が強すぎないシャンプーで、一日一回だけのシャンプーにすることが必要です。

CHECK
シャンプーの量
シャンプーのしすぎはべたつきの原因!ベストな頻度は?

地肌がべたつきやすい夏。何度もシャンプーをしたくなりますが、ちょっと待って!シャンプーのしすぎは髪のパサつきの原因になったり、逆にべたつきの原因になることも。一日一回、低刺激なシャンプーを使って、正しいやり方でシャンプーをすることが、夏でも髪と頭皮をキレイに保つ秘訣です。

6.ヘアオイルのつけすぎ

パサつきを対策しようとして、アウトバストリートメントとしてヘアオイルを使うことがあると思いますが、付ける量が意外と難しいんです。

付け過ぎになることが多く、その結果ペタンコになってしまうことも。

ヘアオイルは一回で付けるのではなく、少しずつ数回に分けてつけることで付け過ぎを防ぐことができます。

なじみのいい、さらっとしたタイプのオイルを使うのもいいでしょう。

CHECK
アウトバストリートメント
おすすめの洗い流さないトリートメント3つを厳選

オススメの洗い流さないトリートメントを4つ厳選してみました。ヘアクリームとヘアオイルを選んでしますので、髪質やなりたい髪にあわせて使い分けてみてください。

7.シャンプーを毎日しない

疲れて帰ってきて、シャンプーするのが面倒になってしまって、シャンプーを一日おきにしていたりしませんか?

思っている以上に皮脂は一日でたまるため、ベタついてペタンコになってしまうことがあります。

スタイリングのやり方

ヘアアイロン

スタイリングのやり方が原因で、髪がぺたんこになることがあります。
詳しい原因と対策方法をご紹介します。

8.ヘアアイロン、コテ

ヘアアイロンで真っ直ぐにしすぎることで、うねりが取れすぎてペタンコになってしまうことがあります。

適度なストレートにしておくことで、ふんわり感を残すことができます。

また、熱によるダメージで髪が傷んでしまってハリがなくなるのも原因の一つです。

CHECK
アイロン
ヘアアイロンやコテで傷んだ髪を補修するシャンプー

毎日巻き髪したいけど、どんどんが傷んでいく。そんな悩める女子のためにコテで受けたダメージをしっかり補修するヘアケアの方法をご紹介します。

9.ドライヤー

髪を乾かすときに、上から風を当て続けると、髪が根元から押さえつけられてペタンコになってしまいます。

根元を立たせるように乾かすことでふんわり仕上げることができます。

また、ドライヤーの熱ダメージもハリコシがなくなる原因になります。

CHECK
雨の日にもふんわり
ドライヤーの熱で髪が傷むのを防ぐ方法

ドライヤーの熱ダメージが気になって自然乾燥してませんか? 自然乾燥も髪が傷む原因! 髪はすぐに乾かしましょう。 ドライヤーの熱ダメージが気になるなら、対策方法をお教えしましょう。 熱で髪のダメージ補修 ...

10.スタイリング剤

ワックスなどのスタイリング剤を付け過ぎることで、髪が重くなってペタンコになりがちです。

少量ずつ使うことで、付け過ぎを防ぐことができます。

ワックスで形を作った後に、スプレーで形をキープさせることで、ふんわり感を保つこともできます。

11.ブラシが汚れている

ヘアブラシの手入れをしていないと、ブラシに汚れがたまってしまい、それが髪に付着することでベタツキの原因になります。

特に目の細かいブラシは汚れがたまりやすいので注意しましょう。

12.カット

運が悪く技術力のない美容師に当たってしまうと、髪をすき過ぎたり、変なすき方をされてボリュームが出ず、ペタンコになってしまうことがあります。

予約しようとしている美容師のインスタを見るなどして、技術力をチェックするのもいいかもしれません。

シャンプー、トリートメント

シャンプーやトリートメントによって、髪がペタンコになってしまうことがあります。
どんなシャンプー、トリートメントがダメなのでしょうか?

13.シャンプー

洗浄力が強すぎるシャンプーはNG。
必要以上に皮脂を取りすぎて、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

また、補修力のないシャンプーはハリを復活させられないのでふんわり仕上げることができません。

CHECK
ふんわり髪
ぺたんこ髪解消!根元からふんわりするシャンプー

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

14.トリートメント

しっとりしすぎるトリートメントを使っていると、重くなってボリュームがでません。

髪の内側を補修してハリコシを出すタイプならいいのですが、髪の外側に皮膜やオイルをつけるタイプのトリートメントはペタンコになりやすいのです。

CHECK
インバストリートメント
おすすめのトリートメント5つを厳選(インバス編)

おすすめのトリートメント(洗い流すタイプ)を5つご紹介します。また、髪質に合ったトリートメントの選び方もお教えします。

体質や体調

ホルモンバランスの乱れ

生まれつきの髪質や、体調、年齢の変化などによっても髪がぺたんこになることがあります。

15.産後

産後に髪がべたつきやすくなってぺたんこになる方も少なくないようです。
一時的なものである場合が多いみたいなので、しばらく様子を見てみましょう。

産後ケア用のシャンプーなどもあるようです。

CHECK
産後の髪
産後、髪のべたつきは嫌!優しいシャンプーでべたつき解消

出産後はホルモンバランスの崩れから、髪がべたつくようになる女性も少なくありません。ここでは、産後のべたつき髪の対策方法やオススメのシャンプーをご紹介します。

16.加齢

年齢と共に、女性の髪はハリがなくなってきます。
そのため、だんだん髪がペタンコになってくるのです。

髪のハリが低下してきたら、エイジングケア用のシャンプーやトリートメントに切り替えましょう。

CHECK
髪のエイジング
髪のエイジングケアにオススメのシャンプーを3つ厳選

ハリコシがなくなった、地肌がすける、頭皮がにおう、などで悩んでいませんか? それは髪や頭皮のエイジングのサイン。 お肌や服装以上に、髪のエイジングで老けて見られがちです。 お肌と同じように、髪や頭皮も ...

17.生まれつきの髪質

細くて柔らかい猫っ毛のような髪質だと、ハリが少ないためにふんわり感が出しにくくなります。

ハリコシが出やすいシャンプーやトリートメントを使ったり、スタイリング剤なを少な目にするなど、できるだけ髪が軽くなるようにしましょう。

CHECK
太い髪
細い髪を太くする!おすすめのシャンプーとトリートメント

ハゲや薄毛が気になるほどではないけど、髪が急に細くなってしまったという方もいると思います。髪が細くなってしまった原因は、ダメージや頭皮環境の悪化、加齢などがあります。髪を太くするためには、髪の内側に栄養を与えてくれるシャンプーやトリートメントを使う必要があります。

18.薄毛

薄毛が進行すると、髪にハリコシが出にくくなり、ぺたんこになってしまいます。

薄毛対策ができるヘアケア商品を使って、早めにケアしておくことが大切です。

CHECK
薄毛
女性の薄毛を防止するシャンプーのやり方と選び方

薄毛は男性だけでなく、女性にとっても大きな問題! 薄毛対策としては自宅でできるシャンプーも有効な手段なので、シャンプーの方法や選び方について正しい知識を持っておきましょう。 ■目次 クリックで見たい項 ...

19.ホルモンバランス

ストレス、更年期、出産など、女性はホルモンバランスの変化が起こる時期がいくつかあります。

女性ホルモンが減少すると、髪にハリがなくなってくるため、ぺたんこになってしまう場合があります。

ホルモンバランスの変化に合わせて、ハリコシが出やすいシャンプーに変えるなどを試してみてください。

20.生活習慣

生活習慣の乱れにより、髪のハリがなくなり、ぺたんこになることがあります。

食生活の乱れや睡眠不足、運動不足なども髪に栄養が届きにくくなり、ハリが無い髪になってしまうのです。

その他

最後に、湿気や静電気など、その他の原因を見ていきましょう。

21.寝癖

寝起きの髪がぺたんこになっていませんか?

ハリがなく、水分量も少ない髪だと、寝ている間に髪が枕に押しつぶされてペタンコになってしまいます。

寝ている方向によって、後頭部がぺたんこになったり、サイドがぺったんこになったりします。

直す方法は、一度全体を水で濡らしてから、根元が起き上がるようにドライヤーで乾かすことです。

ハリがあってしなやかになるシャンプーを使えば、寝起きでもぺたんこにならずに済みますよ。

22.静電気

静電気によって髪がぺたっとくっついてしまったり、静電気によるダメージで髪にハリがなくなることでふんわり感が出ないこともあります。

静電気が発生するのは、髪が乾燥しているからです。
シャンプーやトリートメントを見直してみましょう。

CHECK
髪のパサつき
髪のパサつき対処法まとめ

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

23.帽子やヘルメット

帽子やヘルメットをかぶると、どうしても髪がぺちゃんこになってしまいますよね。

対策としては、

  • スタイリング剤を付けなおす
  • 手ぐしで根元からかき上げる
  • 帽子を浅くかぶる
  • まとめ髪にしてしまう

などがあります。

24.湿気

雨の日の湿気で髪がペタンコになるのは、髪が湿気を吸い過ぎてしまうから。

湿気を吸いやすくなる原因はキューティクルが剥がれているからです。

キューティクルは髪の水分量の調整をする働きがあるため、剥がれてしまうと水分が出たり入ったりしやすくなるのです。

対策としては、キューティクルを補修できるシャンプーやトリートメントを使うことです。

CHECK
傷んだ髪にいいシャンプー
ひどく傷んだ髪にいいシャンプー!マイナーだけど高補修力です

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

25.髪のさわりすぎ

髪をさわりすぎると、手の皮脂が髪に移ってしまってべたつきの原因になります。
その結果、髪は重くなってペタンコになるのです。

髪をさわるクセがついてしまっている方は気にしてみてください。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-ふんわりヘア
-, , , , ,

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2019 All Rights Reserved.