シャンプーにかける時間

シャンプーTIPS

シャンプーにかける理想的な時間の目安は?

更新日:

シャンプーをする時間が短すぎると、頭皮の汚れが十分に落ちなくてフケや臭いの元になってしまうことがあります。

しかし、長すぎても頭皮や髪の毛にダメージを与えることがあるのであまりよくありません。

シャンプーをする時間はどれくらいが最適なのでしょうか。

1.シャンプーにかける時間はどれくらいが最適?

シャンプーを行う時に重要なのは、頭皮の汚れを落とすという感覚を持つことです。

たまに頭皮よりも髪の毛を洗うことに重点をおいてしまう人がいます。

しかし、髪の毛が生えてくるのは毛根からなので、頭皮の皮脂汚れをしっかりと落とすことが健康な髪を保つ秘訣です。

ただし、あまり長い時間ゴシゴシと頭皮を洗ってしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまうため、逆効果です。

皮脂が足りなくなると頭皮が乾燥しやすくなり、フケや抜け毛、かゆみの原因となります。

そのため、シャンプーにかける最適な時間は髪の毛の長さや量によっても異なりますが、3分程度が目安といわれています。

また、洗浄力の強いシャンプーを使うとその分頭皮に与える刺激が強くなりますので、それよりも少し短い時間で洗うと良いでしょう。

シャンプーにかける時間そのものは3分程度ですが、それと同じぐらい「事前の洗い流し」と「すすぎ」も重要です。

実は事前の洗い流しをしっかりすることで、頭皮の汚れの7、8割は落ちるといわれています。

そのため、事前の洗い流しはシャンプーよりもしっかりと時間をとって行うことが重要です。

目安の時間は3分から5分程度でしょう。

また、すすぎをしっかりしないとシャンプーが頭皮に残って悪い菌が増殖し、頭皮環境が悪化します。

シャンプーの泡というのは、髪の毛に隠れて頭皮にどれくらい残っているか分かりにくいものです。

そのため、一般的にはすすぎに一番時間をかけることが良いとされており、シャンプーをする時間の倍、最低でも同等の3分以上かけるようにしましょう。

2.泡パックでおく時間はどれくらい?

泡パックというと洗顔のイメージが強いかもしれませんが、シャンプーで髪の毛にする人も増えてきています。

泡パックのメリットとしては、シャンプーの有効成分を頭皮にしっかりと浸透させることができるので、髪の健康にとってはよいことだといわれています。

ただし、シャンプーの時と同様にシリコン配合や石油系などの刺激が強い商品で長時間泡パックをすると頭皮が炎症を起こしたり、髪の毛にダメージを与えたりする可能性がありますので使用しない方が良いでしょう。

また、いくら刺激の弱いシャンプーを使用しても長時間続けていては、やはり頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうでしょう。

そのため、泡パックでおく時間も3分程度が目安です。

個人差はありますが、泡パックしている間に身体を洗ってしまい、一緒に流すとちょうどよいぐらいの時間ではないでしょうか。

スカルプケアというと、つい「頭皮の汚れを落とす」ことに目が向いてしまいますが、髪の毛に栄養素を与えることも目的の一つですので、きちんとしたやり方を守って泡パックをしてください。

3.泡パックに適したシャンプー

泡パックに適したシャンプーの条件は「頭皮や髪の毛に与える刺激が弱い」「髪の毛に有効な成分を含んでいる」ことです。

有効成分を含んでいないシャンプーでは単に髪の毛の洗浄にしかならないので、それでは泡パックする意味がありません。

髪の毛に有効な成分には、ダメージヘアに有効な「ケラチン」、髪を柔らかくする「システイン」、髪にツヤをだす「コラーゲン」などがあります。

泡パックに適しているというシャンプーにはこれらの他にもたくさんの有効成分が含まれていることが多いので、すべて覚えるのも大変です。

自分なりに使用したい有効成分の優先順位を決めておくと、商品を購入する時に迷わず選べます。

比較的刺激が弱いといわれているシャンプーはアミノ酸系や無添加系といったものです。

人の髪の毛のほとんどはアミノ酸でできているため、これらの商品を使用すると髪の毛に与えるダメージが少ないといわれています。

CHECK
【低刺激】アミノ酸系シャンプー16個の評価と評判

低刺激なアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーを、市販、サロン専売問わず16個調査してみました。その中でもとくにおすすめのシャンプーもご紹介しますので、シャンプー選びの参考にしてみてください。

泡パックをする時は、使用するシャンプーが該当するか確かめてから試すようにしましょう。

人気の記事

傷んだ髪にいいシャンプー 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

髪のパサつき 3

髪のパサつきを何とかしたい! 髪のパサつきについての疑問や対策方法をまとめました。 これを読めばパサつき知らずの髪になれるハズ! ■目次 タップで見たい項目へ  パサつきの原因  パサつき対策アイテム ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-シャンプーTIPS
-

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2020 All Rights Reserved.