白髪

白髪対策

白髪のない40代に!ヘアケアとシャンプーの見直しが重要

更新日:

白髪を1本でも見つけてしまうと憂鬱ですね。
特に40代になると、それまで気にならなかった白髪がやたらと目につくようになったりします。

そうなる前に、今日からでも白髪のケアを始めましょう!
少しでも早く始めれば、それだけ白髪を予防できます。

白髪をなくすためには、髪や頭皮ケアに加えて、生活習慣の見直しなども大切です。

1.白髪予防のためのヘアケア

白髪を改善するには、黒髪の色素を作り出すメラノサイトを活性化させる必要があります。

CHECK
白髪対策
白髪は黒髪に戻る?白髪ケアシャンプーで脱白髪染め

できてしまった白髪は抜くか染めるしかないと思っていませんか? 栄養不足や血行不良などで一時的に頭皮の細胞の働きが低下しているだけなら、黒髪に戻ることもあります。 40代で白髪が増え始めたなというころな ...

どのようなヘアケアでメラノサイトを活性化させることができるか見ていきましょう。

1-1.白髪ケアができるシャンプー

ヘマチンなどの白髪予防に効果があるとされている成分を配合したシャンプーを使うことで、白髪予防をすることができます。

逆に、刺激が強い安価なシャンプーを使っていると、頭皮にダメージを与えてしまい、白髪の原因になることもあります。

低刺激で、白髪改善効果が期待できるシャンプーに変えてみましょう。

CHECK
白髪
ヘマチンとは?白髪改善に効果がある成分なんです!

ヘマチンは黒髪を作り出す元となるメラニンを増やす効果がある成分です。メラニンが増えることで黒髪が育ちやすくなり白髪が減っていきます。そんなへまちんを配合したシャンプーもご紹介しますので一度試してみてはいかがでしょうか?

1-2.育毛シャンプーも効果あり!?

頭皮クレンジング

シャンプーは白髪ケア用でなくても、髪の成長を促すような育毛シャンプーを使うことでも白髪の予防になります。

育毛効果の高いものを使えば、毛母細胞の細胞分裂を促進して健康な髪を生やし、結果的に白髪予防につながるからです。

オススメはマイナチュレ・シャンプーです。

女性向けの育毛シャンプーで、無添加。
はじめはすこしきしみますが、だんだん本来のきれいな髪になっていきますよ。

1-3.頭皮を傷めない白髪染め

白髪が気になりだすと白髪染めを始める人も多いと思いますが、どのくらいの頻度で行っているでしょうか。

毎月美容院に行くのは大変だから、とドラッグストアなどで買った白髪染めで頻繁に染めていると、それだけでも頭皮を傷め、白髪が増える原因にもなります。

どうしても染める場合は、利尻ヘアカラートリートメントのような髪と頭皮へのダメージが少ないもので染めるほうがいいでしょう。

 

2.白髪予防のための頭皮ケア

頭皮ケア

白髪予防のためには、まず頭皮を老化させないことが大切です。
肌と同じで、放っておけば頭皮お老化しますから、細胞を活性化させて潤いを保つことが大事なんです。

2-1.頭皮のマッサージ

頭皮を老化させないために大事なことは、頭皮の血行を良くすること。
それには頭皮のマッサージがいいでしょう。

髪にも良いといわれる椿油や、スカルプケアも出来る育毛剤などを使い、頭皮をしっかりマッサージして血行を促します。

シャンプー前に椿油などを手に取り、頭皮につけて、気持ちのよい程度の圧でマッサージしていきます。
そのまま5分ほどおいてから洗い流せばヘアパックにもなって一石二鳥です。

また、シャンプーをする時でもマッサージは可能です。
シャンプーは本来髪を洗うのではなく、頭皮を洗うもの。
髪の汚れなどはすすぎ程度でも落ちるものですから、頭皮をしっかり洗っていきます。

指の腹を使って丁寧に毛穴の汚れを落とすようにして、頭皮全体をまんべんなくマッサージして洗ってみてください。

毎日のことですから、洗い方をかえるだけでも十分マッサージ効果はあり、頭皮の血行がよくなりますよ。

2-2.頭皮の保湿

頭皮の健康には保湿も大事。
顔はスキンケアするのに、頭皮には何も塗らないという人が多いと思います。

頭皮用の美容液やスカルプケアエッセンスなどを使って、頭皮が乾燥しないようにしてください。
潤いのある健康な頭皮があってこそ、健康な黒い髪が生えてくるのです。

CHECK
地肌ケア
35歳過ぎたら始める!頭皮ケアエッセンスでエイジングケア

女性は35歳頃から女性ホルモンの減少が始まるため、その影響で髪と頭皮にエイジングトラブルが起こります。できるだけ長く美しい髪を維持したいなら、早めに頭皮のエイジングケアを始めることが大切です。

3.体の内側からの白髪ケア

外側からのケアに加えて、身体の内側からもしっかりとケアしていくことが大切です。
髪は食べたもので出来ていますから、もちろん食事も大切ですし、生活習慣の見直しなども必要かもしれません。

3-1.白髪を予防するための食生活

白髪を予防するためには頭皮の血行を良くしていきたいので、冷えを予防するような、身体を温める食材を積極的に摂っていきましょう。

冷え性は万病の元ですし、白髪以外にも様々なデメリットがありますから、身体の内側から温めていくことはとても大切です。

冷たいの飲み物は避けます。
出来るだけ常温か体温よりも暖かいものを取るように心がけてください。

また、その時期の旬のものを取りましょう。
たとえば冬に夏野菜やトロピカルフルーツなど、南国原産のものを取ると身体を冷やします。

薬膳の世界では、黒い食べ物が白髪に良いとされています。

  • 黒ごま
  • 黒豆
  • ひじき

など、黒いものは腎と深い関係があるとされているからです。
腎は身体の巡りに関わる臓器ですが、血や栄養の巡りが悪いと髪が弱るとされています。

他にも、髪を作るたんぱく質、新陳代謝を高める亜鉛、ビタミンB群など、髪に良い栄養素は積極的に摂っていきたいものですね。

特にダイエットをしている人は注意してください。
太るからといって肉類を食べない、サラダばかりを食べているような食生活では、健康な髪は育ちません。

3-2.白髪を予防するための生活習慣

睡眠

髪を洗った後に、そのまま自然乾燥にしていませんか?ドライヤーですぐに乾かさないと、頭皮や髪によくないばかりか、身体を冷やしてしまうからです。
頭皮の血行を良くして白髪を防ぐためにも、放置せずにすぐに乾かしましょう。

頭部は血管がたくさん通っていて、血流のとても多いところです。
ここを濡らしたままにしておくと血液がどんどん冷やされて、血行不良になってしまいます。

そして、ストレスも血行を悪くする一因です。
ストレスを感じないことは無理ですが、溜めないようにすることが大事です。
上手に解消することを心がけてください。

最後に、睡眠はきちんと取っていますか?
睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げ、髪の成長にも影響します。

メラノサイトを活性化させて色素をしっかり作るためにも、質の良い睡眠は必須です。
出来ればその日のうちに就寝したいですね。

4.まとめ

白髪の予防は、外側からだけではダメです。
内側からのケアを同時にしていくことがとても大切なので、メラノサイトを活性化できるよう、血行促進を心がけていきましょう。

なかなか生活習慣を改善するのは大変!という方は、白髪対策に効果がある成分が配合されたシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?
以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

>>白髪は黒髪に戻る!白髪ケアシャンプーで脱白髪染め

人気の記事

ダメージレスな髪 1

ひどく傷んでパサパサなダメージヘアになってしまった髪・・・ 市販のダメージケアシャンプーを使っても、全然効果がないってことありませんか? ここでは、マイナーだけどダメージ補修力が高いシャンプーを厳選し ...

低刺激シャンプー 2

さわりたくなるようなキレイな髪ってうらやましいですし、憧れですよね。 美しい髪になるために、ヘアケアだけに力を入れていませんか? きれいな髪になるには、ヘアケアだけでは不十分! 地肌ケアが必要なんです ...

パサつき 3

パサついた髪を本当に対策するのは難しいものです。 市販のしっとり系のシャンプーはほとんど、パサつき感をごまかしているだけで、本当に潤いを与えているわけではないからです。 そこでここでは、 パサつくシャ ...

オーガニックシャンプー 4

オーガニックシャンプーに変えようかなと思っていても、どれを選んだらいいか分からないという女性も少なくないのではないでしょうか。 キシキシしないの? 泡立ちは? 成分は安全なの? 香りは? などといった ...

朝からまとまる髪 5

40代になって髪に艶がなくなった。 40代でも髪がキレイな人もいるのに、なんで私だけ・・・ 歳を重ねると、特に髪に年齢が出てしまいます。 ここでは、大人の女性が艶髪を保つための方法と、艶出しにいいシャ ...

ボリュームのある髪 6

ハリやコシがなくなってきてしまった髪をボリュームアップさせるためには、PPTシャンプーがおすすめ。 ダメージヘアや加齢で弱くなった髪にアミノ酸を補ってハリコシを出すことができるシャンプーです。 普通の ...

ふんわり髪 7

髪がふんわりせずにペタンコになる原因は、 髪が傷んでいる 髪がベタついている 加齢によるハリコシの低下 の3つが考えられます。 3つのタイプ別にオススメのシャンプーをご紹介します。 ■目次 クリックで ...

-白髪対策
-

Copyright© シャンらぼ-Shampoo Laboratory- , 2019 All Rights Reserved.